ヴィクター・フレンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴィクター・フレンチ
Victor French
Victor French
生年月日 (1934-12-04) 1934年12月4日
没年月日 (1989-06-15) 1989年6月15日(54歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長 185cm
職業 俳優
活動期間 1954–1989
配偶者 ジュディス・シェンツ(1959年 - 1975年)
ジュリー・コッブ(1976年 - 1978年)
テンプレートを表示

ヴィクター・フレンチVictor French1934年12月4日 - 1989年6月15日)は、アメリカ合衆国俳優。テレビドラマ『大草原の小さな家』(エドワーズ役)や『ハイウェイ・トウ・ヘブン』(マーク・ゴードン役)で知られている。

略歴[編集]

1934年12月4日カリフォルニア州サンタバーバラで、1940年代に俳優やスタントマンとして西部劇に出演していたテッド・フレンチの子として生まれ、後に1966年の『ガンスモーク』(西部劇のテレビドラマ)の「Prime Of Life」のエピソードで父親と出演、1963年の戦争映画『The Quick And The Dead』でも父親と出演している。父親は1978年に亡くなっている。

1989年6月15日ロサンゼルスにあるシャーマンオークス病院で、3ヶ月間の闘病の後、肺ガンにより死去(54歳)[1][2]

ヴィクター・フレンチは1998年にオクラホマシティにあるカウボーイ&西部歴史博物館の西部劇役者の殿堂入りをしている[3][4]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 日本語題
原題
役名 備考
1963年 スペンサーの山
Spencer's Mountain
Spencer Brother (uncredited)
1963年 肉弾最前線
THE QUICK AND THE DEAD
Milo Riley
1969年 殺し屋の烙印
Charro!
Vince Hackett
1970年 リオ・ロボ
RIO LOBO
ケッチャム
1971年 夕陽の挽歌
Wild Rovers
保安官
1972年 悪を呼ぶ少年
THE OTHER
Angelini
1974年 秘密組織・非情の掟
The Nickel Ride
Paddie
1981年 恋人たちの選択
CHOICES
Gary Carluccio
1982年 愛と青春の旅だち
An Officer and a Gentleman
Joe Pokrifiki

テレビ[編集]

放映年 日本語題
原題
役名 備考
1974年-1983年 大草原の小さな家
Little House on the Prairie
アイゼア・エドワーズ 59エピソードに出演
1984年-1989年 ハイウェイ・トウ・ヘブン
Highway to Heaven
Mark Gordon 111エピードに出演

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “Victor French, 54, Actor on TV” (英語). The New York Times. (1989年6月16日). https://www.nytimes.com/1989/06/16/obituaries/victor-french-54-actor-on-tv.html 2018年3月21日閲覧。 
  2. ^ “VICTOR FRENCH, 54, CO-STAR OF 'HIGHWAY TO HEAVEN,' DIES” (英語). The Washington Post. (1989年6月16日). https://www.washingtonpost.com/archive/local/1989/06/16/victor-french-54-co-star-of-highway-to-heaven-dies/affe1370-2c80-4442-9ea3-602fe942f3e2/ 2018年3月22日閲覧。 
  3. ^ Great Western Performers” (英語). National Cowboy & Western Heritage Museum. 2018年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月22日閲覧。
  4. ^ Victor French” (英語). National Cowboy & Western Heritage Museum. 2021年3月27日閲覧。

外部リンク[編集]