ヴィオラ (オペラ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヴィオラ』(Viola)は、ベドルジハ・スメタナ作のチェコ語オペラ(未完・絶筆)。リブレットの作者はエリシュカ・クラースノホルスカーで、ウィリアム・シェイクスピア喜劇十二夜』を下敷きとしている。元々、1874年にいくつかの楽曲の作曲が行われたが、その後作曲は続けられず、1883年にようやく再開された。しかし、スメタナは脳梅毒が悪化して作曲を続けられなくなり、翌1884年5月12日精神病院で死去した。そのため、このオペラは完成することなく、オーケストレーションが施された15ページ分の楽譜と、50ページほどの歌声部(弦楽の伴奏付き)、合わせて365小節が現存するのみである。演奏時間は約14分となる。

上演史[編集]

スメタナの死から15年が経過した1900年3月15日に演奏会形式による上演が行われ、1924年3月11日にはプラハ国民劇場において上演されている。

配役[編集]

役名 声域 初演時のキャスト,
1900年3月15日
(指揮:不明)
Orsino, Duke of Illyria テノール
Viola, twin sister to Sebastian メゾソプラノ
Sebastian, twin brother to Viola ソプラノ
Olivie メゾソプラノ
Tobiáš バリトン
Ondřej テノール
Malvolio バリトン
Marie ソプラノ
Šašek バリトン
Antonio, a captain バス
Marko, an old fisherman バス

録音[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]