ヴァルデマール・フォン・プロイセン (1817-1849)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴァルデマール・フォン・プロイセン
Waldemar von Preußen
WaldemarPr1.jpg

出生 1817年8月2日
プロイセン王国の旗 プロイセン王国ベルリン
死去 (1849-02-17) 1849年2月17日(31歳没)
ミュンスター
埋葬  
プロイセン王国の旗 プロイセン王国ベルリン大聖堂
父親 プロイセン王子ヴィルヘルム
母親 マリアンネ・フォン・ヘッセン=ホンブルク
テンプレートを表示

ヴァルデマール・フォン・プロイセン(Waldemar von Preußen, 1817年8月2日 - 1849年2月17日)は、プロイセン王国の王族・軍人。陸軍少将。全名はフリードリヒ・ヴィルヘルム・ヴァルデマールFriedrich Wilhelm Waldemar)。プロイセン王子ヴィルヘルムの四男で、フリードリヒ・ヴィルヘルム3世の甥。

生涯[編集]

1817年8月2日、ヴィルヘルムとその妻であったヘッセン=ホンブルク方伯フリードリヒ5世の娘マリアンネ(1785年 - 1846年)の間に第七子としてベルリンで生まれた。

1848年、ヴァルデマールはミュンスターの第13騎兵旅団の司令官に任じられた。

1849年2月17日、ヴァルデマールは未婚のままミュンスターにて死去した。墓所はベルリン大聖堂にある。