ヴァルター・シーマナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヴァルター・シーマナ(Walter Schimana、1898年3月12日 - 1948年9月12日)は、ナチス・ドイツ親衛隊(SS)の将軍。最終階級は親衛隊中将武装親衛隊及び警察中将。

経歴[編集]

ナチ党入党まで[編集]

オーストリア=ハンガリー帝国トロッパウで新聞編集者であるアントン・シーマナの息子として生まれる。 1905年にプラハの士官学校に入学、1908年12月に卒業してオーストリア=ハンガリー陸軍に入隊した。1920年4月に少尉の階級で軍を去り、銀行員として働いた。

ナチ党入党後[編集]

1926年12月7日に国家社会主義ドイツ労働者党に入党 (党員番号49,042)、同時に突撃隊にも入隊している。1926年12月7日から突撃隊第1小隊(ミュンヘン)に所属。1929年10月1日から突撃隊第10連隊配下の分隊指導者となり、突撃隊曹長となる。1930年5月に突撃隊第80小隊の指導者となり、11月22日に突撃隊少尉に昇進する。1931年3月からは突撃隊第2連隊指揮下の第1大隊の指導者となり、1932年8月から1933年5月まで突撃隊指導者学校「Kleinols」の校長を勤める。1933年5月に突撃隊第50連隊指揮下の第1大隊と突撃隊第230連隊指揮下の第3大隊の指導者に任命され、8月10日には突撃隊少佐へと昇進する。1934年3月に突撃隊集団「ドナウ」の特別任務幕僚となる。

1934年に防護警察に入り防護警察大尉となる。1936年4月1日には国家地方警察へと移り、国家地方警察少佐となる。1934年3月から1935年4月までヴァルデンブルク突撃隊憲兵隊ドイツ語版隊員となる。1936年4月に秩序警察長官付幕僚となり、1938年4月よりウィーン警察署長付幕僚となる。

親衛隊入隊[編集]

1939年8月15日に親衛隊大佐の階級で親衛隊(SS)に入隊(隊員番号337,753)。1939年8月15日から親衛隊第11地区壮丁隊員となる。1941年2月から1942年7月まで親衛隊人事本部英語版に所属する。1942年1月から1944年10月まで親衛隊全国指導者個人幕僚部員となる。1940年にズールの国家地方警察学校校長となり、11月には国家地方警察自動車校長司令官となっている。

1941年9月4日から 「中央ロシア及び白ロシア」親衛隊及び警察高級指導者指揮下の「サラトフ」親衛隊及び警察指導者に任じられる。12月には第137歩兵師団指揮下の戦闘団司令官となっている。11月30日より「中央ロシア」親衛隊及び警察高級指導者指揮下の親衛隊及び警察指導者となる。1942年1月から7月まで警察連隊「ミッテ」司令官を務める。7月13日より第13警察連隊司令官に任じられ、21日からは「白ロシア」親衛隊及び警察指導者代理及び親衛隊守備隊司令官に任じられる。

1943年6月30日よりSS防衛師団「ガリーツィエン」師団長に任じられる。3月26日から戦闘団「シーマナ」司令官となり、ミンスクボリソフにおける対パルチザン戦に参加した。10月18日にユルゲン・シュトロープの後任として「ギリシャ」親衛隊及び警察高級指導者に任命されギリシャ・ユダヤ人の追放に尽力した。1944年10月5日より「ドナウ川」親衛隊及び警察高級指導者、親衛隊上級地区「ドナウ」指導者に任じられる。

最期[編集]

戦後連合軍により逮捕され、ザルツブルクの刑務所に拘留される。1948年9月12日に裁判にかけられる前に自殺した。

キャリア[編集]

階級[編集]

受章歴[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]