ヴァネッサ・マルケス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴァネッサ・マルケス
Vanessa Marquez
生年月日 (1968-12-21) 1968年12月21日
没年月日 (2018-08-30) 2018年8月30日(49歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス郡
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州サウス・パサデナ英語版
職業 女優
活動期間 1988年 - 2017年
主な作品
ER緊急救命室
落ちこぼれの天使たち英語版

ヴァネッサ・マルケス: Vanessa Marquez1968年12月21日 - 2018年8月30日)は、アメリカ合衆国の女優。アメリカのテレビドラマシリーズ『ER緊急救命室』の第1シーズンから第3シーズンまで登場した看護師ウェンディ・ゴールドマン役や、1988年の教師ドラマ映画『落ちこぼれの天使たち英語版』の生徒アナ・デルガド役で知られる。

生涯[編集]

キャリア[編集]

1992年、『となりのサインフェルド』のエピソード『チーバーの手紙』でキューバ大使館の事務局長役として出演。 『落ちこぼれの天使たち』での成功が映画とテレビにおける彼女の本格的なキャリアにつながり、1993年にはギャングの叙事詩的映画『ブラッド・イン ブラッド・アウト』と、独立系映画『風と共に去る20ドル!?』に出演した。テレビでは、人気番組『メルローズ・プレイス』にゲストで、『マルコム・アンド・エディー』の準レギュラーとして出演した。ヴォーカリストの一面もあり、2000年の映画『アンダー・サスピション』には歌手として出演した。

闘病[編集]

2000年代までは、いくつかの映画やテレビドラマに出演しているが以後の彼女のキャリアは詳らかではない。その後は2005年にリアリティ番組「intervention」で、「買い物依存症うつ病、OCD(強迫性障害)などに苦しんでおり、自己破産寸前」の患者として登場した[1]。2013年には彼女のYoutubeアカウントの動画の中に自らを自己免疫疾患の治療を受けているという物があり闘病中であることをうかがわせた[2]

次にヴァネッサ・マルケスの名前が知られたのは、2017年であった。「ER撮影現場におけるセクハラと民族差別が存在し、第4シーズンのオファーを断わった」という一連のツイートである[3]。2018年9月1日現在、当該アカウント@vanessathoughtは凍結されている。

死亡[編集]

2018年8月30日、サウス・パサデナ英語版の自宅で、警察によって射殺された。関係機関は生活保護手当小切手の管理のために彼女の自宅へ呼ばれたところ、マルケスが発作を起こしているのを発見し、彼女が精神上の問題による悩みも抱えていることも判明した。ロサンゼルスの精神保健ワーカーも交えて医療機関の支援を受けるよう説得したが、マルケスは警官に拳銃と思わしきものを向けたため、警官はマルケスに発砲した。後の調べで、その武器はBB弾を使うエアソフトガンと判明した[4][5][6]

参考文献[編集]

  1. ^ やっぱり家族もの? 米人気リアリティ番組のすごい内容|サイゾーウーマン” (日本語). サイゾーウーマン. 2018年9月1日閲覧。
  2. ^ TheVanessamarquez (2013-03-26), Actor Vanessa Marquez receiving IVIG Therapy, https://www.youtube.com/watch?v=fbZ27_s7qm8 2018年9月1日閲覧。 
  3. ^ Vanessa Marquez Accuses George Clooney of Helping To Blacklist Her” (英語). www.themarysue.com. 2018年9月1日閲覧。
  4. ^ Fang, Marina (2018年8月31日). “Former ‘ER’ Actress Killed By Police After She Took Out BB Gun”. Huffington Post. 2018年8月31日閲覧。
  5. ^ Gene Maddaus (2018年8月31日). “Former ‘ER’ Actress Vanessa Marquez Shot and Killed by Police”. Variety. 2018年8月31日閲覧。
  6. ^ “米警察、「ER」出演女優を射殺 警官に空気銃向け” (日本語). http://www.afpbb.com/articles/-/3188057 2018年9月1日閲覧。 

外部リンク[編集]