ンチェウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ンチェウの位置

ンチェウ (Ntcheu) は、マラウイ中部州の県で、3424 km.2の面積と47万4464人の人口を擁する。中心となる都市の名称もンチェウ(Ntcheu)である。

地理[編集]

北側がデッザ、北東側がマンゴチ (Mangochi)、東側がバラカ(Balaka)、南側がムワンザ、西側がモザンビークアンゴニア (Angónia)及び ツァンガノ (Tsangano|Tsangano) の各district(県)に囲まれている。

大地溝帯の西側の段差にまたがるように位置しているため、東部の標高の低い地域と中部の高地では地理条件が大きく異なる。

交通[編集]

主要な道路は、国道1号線(通称「M1」で、リロングウェブランタイヤ等主要都市を結んでいる)が南北方向に貫通し、東部では、マラウイ湖に沿っている国道5号線(通称「M5」)がンチェウディストリクト中部まで通っており、M1に合流している。(いずれも片側1車線でアスファルト舗装である)。

主要な町[編集]

  • Ntcheu, Lizulu, Mlangeni, Biriwiri, Tsangano, Bwanje, Manjawira

その他[編集]

  • ンチェウの町には、銀行、病院、官公庁、ガソリンスタンド、スーパーマーケット、市場等がある。
  • ンチェウの北西訳10kmのビリウィリ(Biriwiri)には、モザンビークとの出入国管理事務所がある。