ワレリー・リューミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワレリー・リューミン
Valery Ryumin
1998年のワレリー・リューミン
宇宙飛行士
国籍 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 / ロシアの旗 ロシア
誕生 1939年8月16日(74歳)
コムソモリスク・ナ・アムーレ
他の職業 フライトエンジニア
宇宙滞在期間 371日17時間24分
宇宙遊泳回数 1
宇宙遊泳時間 1時間23分
選抜試験 1973 Civilian Specialist Group 5
ミッション ソユーズ25号, ソユーズ32号, ソユーズ35号, ソユーズ34号, STS-91
記章 Sts-91-patch.png Soyuz 32 mission patch.png

ワレリー・リューミン(Valery Victorovich Ryumin、ロシア語:Валерий Викторович Рюмин、1939年8月16日-)は、コムソモリスク・ナ・アムーレ出身のソビエト連邦宇宙飛行士である。

1958年に「金属の冷間加工」を専攻してKaliningrad Mechanical Engineering Technical Collegeを卒業した。1966年には「宇宙船の制御システム」を専攻してMoscow Forestry Engineering Instituteを卒業した。

リューミンは、1979年8月19日と1980年10月11日の2度、ソ連邦英雄を受章している。

1958年から1961年には戦車の指揮官として従軍した。

1966年から現在まで、彼はS.P.コロリョフ ロケット&スペース コーポレーション エネルギアに勤め、サリュート1号以降の軌道モジュールの開発を行った。

1973年には宇宙飛行士になり、3度の宇宙飛行を行って362日間を宇宙で過ごした。1977年にはソユーズ25号で2日間宇宙に滞在した。サリュート6号には、1979年に175日間、1980年に185日間滞在した。

1981年から1989年まで、リューミンはサリュート7号ミールのフライトディレクターを務めた。1992年までは、シャトル・ミールプログラムのロシア側のディレクターを務めた。

1998年1月、アメリカ航空宇宙局はリューミンがSTS-91の乗組員に選ばれたことを発表した。リューミンは1998年6月2日から12日まで、スペースシャトルディスカバリーで、9回目にして最後のシャトル・ミールプログラムとなるSTS-91に参加した。STS-91のミッションでは、235時間54分で地球を154周し、約380万マイルを移動した。

リューミンは既婚であり、2人の娘と1人の息子がいる。趣味はテニス、釣り、狩り、森歩き、旅行等である。

出典[編集]