ワイヤー消し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ワイヤー消し(ワイヤーけし)とはデジタル合成の一種で、ワイヤーアクション操演による撮影の際に画面内に映ったワイヤーを、コンピュータを用いて除去する作業の事。かつてフィルム撮影で映像が製作されていた時期は、オプチカルプリンターなどを使って光学合成処理でワイヤーを消していた。


自動的にワイヤーを消すソフトもいくつか存在するが、多くの場合はアクションが大きすぎるため、手作業でワイヤーを消す事になる。実際的には、ワイヤーの周囲の風景から適当な色を抽出し、ワイヤー部分を塗りつぶすという事を1コマずつ行う作業である。Photoshopなどの画像処理ソフトが使用される。

英語式にワイヤー・リムーバル(Wire Removal)とも呼ぶ。日本では俗に線消し(せんけし)とも呼ぶ。

ワイヤー消しの技術の先駆者はインダストリアル・ライト&マジックであり、『ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀』(1986年)、『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』(1989年)、『フック』(1991年)などの映画で開発されていった。

英語ではデジタルリムーバル(Digital Removal)と呼ばれていて、VFXのスタンダードな技術である。

関連項目[編集]