ロマン・マチエイェフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロマン・マチエイェフスキRoman Maciejewski, 1910年2月28日 ベルリン1998年4月30日 エーテボリ)はポーランド人作曲家

ベルリンシュテルン音楽院に学び、その後はポズナニ音楽院でスタニスワフ・ヴィエホヴィチとカジミエシュ・シコルスキに、さらにワルシャワ音楽院で引き続きシコルスキに師事した。初期にカロル・シマノフスキから高い評価を受けている。1934年パリに行ってナディア・ブーランジェに入門した。そのまま祖国ポーランドには帰らず、諸国を渡り歩いた。1938年までフランスに滞在した後、1939年までイギリスに、1951年スウェーデンに、1977年までアメリカ合衆国に暮らし、その後は没年まで再度スウェーデンに落ち着いた。

ピアノ曲《マズルカ》や合唱曲《クルピエ地方の歌》が示しているように、初期作品は、シマノフスキ後期の作曲様式に影響されていた。第2次世界大戦の悲劇と、最初のスウェーデン滞在中の病苦とにより作曲者自身の人柄にも深刻な変化が現れ、作風もそれに大きく影響された。それ以降は大作の創造に全身全霊を傾けた。それゆえ巨大な《死者のためのミサ曲すなわちレクィエムMissa pro defunctis. Requiem )》は、完成に1945年から1959年までの歳月を費やし、戦争や犯罪、圧政のすべての犠牲者に捧げられた。初演は1960年に、第4回「ワルシャワの秋」において実行された。

主要作品一覧[編集]

  • 無伴奏合唱曲《クルピエ地方の歌》(1929年)
  • ソプラノと管弦楽のための《ビリティスの歌》(原作ピエール・ルイス、訳詩レオポルド・スタッフ.1935年)
  • 2台ピアノのための協奏曲(1936年)
  • ピアノと管弦楽のための《子守唄とアレグロ・コンチェルタンテ》(1944年)
  • 4人の独唱者と合唱、管弦楽のための《死者のためのミサ曲(レクィエム)》 (1945年 - 59年)
  • フルートとチェレスタ、ギターのための《夜想曲》(1952年)
  • 合唱とオルガンのための《ミサ・ブレヴィス(Missa brevis )》(1964年)
  • 合唱とオルガンのための《復活祭ミサ曲》(1966年)

このほかに約60曲のマズルカなどのピアノ曲と、室内楽劇付随音楽も遺している。