ロペス岬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガボンの地図。ロペス岬も記載されている。

ロペス岬(ロペスみさき)Cape Lopez は、アフリカ中部のガボンにある。ガボンの最西端にあたり、ギニア湾と南大西洋の境界ともなっている[1]。ロペス岬はオゴウエ川の二つの河口の間にある低く木に覆われた島の北の端である[2]。岬の南東側には貯油施設があり、岬から南東に約10kmの場所にはポール・ジャンティルの海港がある[2]。1897年以降岬には灯台が存在しており現在のものは1911年に建設されたが、長年にわたって機能しておらず浸食によって崩壊の虞が出ている[3]。岬の名称は1474年ごろに岬に到達したポルトガルの探検家ロポ・ゴンサルベスに由来する。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Limits of Oceans and Seas, 3rd edition”. International Hydrographic Organization. p. 19 (1953年). 2010年2月7日閲覧。
  2. ^ a b Template:Cite enroute
  3. ^ Phare du Cap Lopez