ロバート・L・ゴームレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ロバート・リー・ゴームレー
(1883-10-15) 1883年10月15日 - (1958-06-21) 1958年6月21日(74歳没)
Ghormley;g12864.jpg
ゴームレー中将、1942年
生誕 オレゴン州ポートランド
軍歴 1906 - 46
最終階級 US-O9 insignia.svg 海軍中将
墓所 アーリントン国立墓地
テンプレートを表示

ロバート・リー・ゴームレー (Robert Lee Ghormley, 1883年10月15日 - 1958年6月21日) は、アメリカ合衆国軍人海軍中将第二次世界大戦中に南太平洋地区の司令官を務めた。

生い立ちと経歴[編集]

ゴームレーは1883年10月15日にオレゴン州ポートランドで生まれる。1906年6月に海軍士官学校を卒業し、続く5年間を巡洋艦で勤務した。1911年から13年まで太平洋艦隊総司令官の従卒を務め、1912年にはニカラグア戦役に参加した。少佐に昇進し、第一次世界大戦の大半は戦艦ネバダ (USS Nevada, BB-36) で副長を務めた。大戦後半にゴームレーは海軍海外輸送部の副部長に就任する。その後1920年から22年まで哨戒ヨットのナイアガラ (USS Niagara, PY-9) 、駆逐艦サンズ (USS Sands, DD-243) を指揮した。サンズ艦長として彼は地中海で活動した。

ゴームレーは1921年7月に中佐に昇進し、1923年から25年まで海軍次官補への従卒を務め、続く2年間は戦艦オクラホマ (USS Oklahoma, BB-37) の艦長を務めた。1927年にワシントンD.C.海軍長官海軍将官会議スタッフを務め、1930年代前半には戦艦部隊司令官および艦隊司令官の幕僚を務めた。海軍作戦部での勤務の後1935年にネバダ艦長に就任し、翌年艦隊司令部勤務に戻る。1938年には海軍大学校の上級課程を修了した。

少将に昇進したゴームレーは1940年8月まで作戦立案部長および作戦部次長を務め、その後海軍の特別オブザーバーとしてイギリスに渡る。中将に昇進すると、ゴームレーはガダルカナルツラギにおいて苦戦が続いた1942年6月から10月まで南太平洋地区司令官および南太平洋部隊司令官を務めたが、その悲観主義のため、太平洋方面最高司令官ニミッツ大将によって解任され、ハルゼー中将が後任となった。

ワシントンD.C.で数ヶ月間勤務した後、太平洋に戻ったゴームレーはハワイの第14海軍管区司令官に就任した。1944年12月にはドイツ派遣海軍部隊司令官となり、1945年12月まで同職を務めた。現役最後の一か月、彼は作戦部で海軍将官会議のメンバーを務め、1946年8月に退役した。

ゴームレー中将は1958年6月21日に死去し、アーリントン国立墓地に埋葬された。

外部リンク[編集]