ロイコシアニジンオキシゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロイコシアニジンオキシゲナーゼ
識別子
EC番号 1.14.11.19
CAS登録番号 180984-01-4
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

ロイコシアニジンオキシゲナーゼ(leucocyanidin oxygenase)は、フラボノイド生合成酵素の一つで、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

ロイコシアニジン + 2-オキソグルタル酸 + O2 \rightleftharpoons cis- and trans-ジヒドロクェルセチン + コハク酸 + CO2 + 2 H2O

反応式の通り、この酵素の基質ロイコシアニジン2-オキソグルタル酸O2、生成物はcis-ジヒドロクェルセチンまたはtrans-ジヒドロクェルセチンコハク酸CO2である。

組織名はleucocyanidin,2-oxoglutarate:oxygen oxidoreductaseで、別名にanthocyanidin synthaseがある。

参考文献[編集]

  • Saito K, Kobayashi M, Gong Z, Tanaka Y, Yamazaki M (1999). “Direct evidence for anthocyanidin synthase as a 2-oxoglutarate-dependent oxygenase: molecular cloning and functional expression of cDNA from a red forma of Perilla frutescens”. Plant. J. 17 (2): 181–9. doi:10.1046/j.1365-313X.1999.00365.x. PMID 10074715. 
  • Schofield CJ and Prescott AG (2000). “Are anthocyanidins the immediate products of anthocyanidin synthase?”. Chem. Commun.: 2473–2474.