レナ (カクテル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

レナとは、カクテルの1種で、ショートドリンク(ショートカクテル)に分類される。正式名称は、レナ・カクテルだが、通常、レナと省略する。日本初の国際カクテル・コンペティションである1971年のインターナショナル・カクテル・コンテストの優勝作品。制作者は、イタリアのアルバート・チリキ(A.Chirici)[1]。カクテル名は、チリキの妻の名前に由来する。

標準的なレシピ[編集]

作り方[編集]

バーボン、スイート・ベルモット、ドライ・ベルモット、カンパリ、ガリアーノを、ミキシング・グラスステアして、カクテル・グラス(容量75〜90ml程度)に注ぎ、カクテル・ピンに刺したマラスキーノ・チェリーを飾る。また、ステアではなく、シェークして作る場合もある[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 稲 保幸 『スタンダードカクテル』 p.161 新星出版 1993年2月25日発行 ISBN 4-405-09577-9
  2. ^ 稲 保幸 『カクテル・レシピ1000』 p.265 日東書院 2005年7月10日発行 ISBN 4-528-01412-2

参考文献[編集]

  • 稲 保幸 『カクテル・レシピ1000』 日東書院 2005年7月10日発行 ISBN 4-528-01412-2
  • 今井 清 『たのしむカクテル』 梧桐書院 1988年1月改訂版 ISBN 4-340-01204-1

関連項目[編集]