レオンベルガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオンベルガー
レオンベルガー
よくつけられる呼び名
レオ
原産国
Flag of Germany.svg ドイツ
各団体のスタンダード及び分類
JKC: 2nd.Group 標準
FCI: Group 2 Section 2 #145 標準
AKC: FSS
ANKC: Group 6 (Utility) 標準
CKC: Working Dogs 標準
KC(UK): Working 標準
NZKC: Utility 標準
UKC: Guardian Dogs 標準

レオンベルガーの一種。大型犬である。

歴史[編集]

犬種の特性[編集]

  • 少しウェーブのかかった滑らかな被毛で、毛色は淡黄色、赤褐色などで金色っぽい茶。尻尾の先や胸、足の先が白。
  • 骨太ながっしりした体格、頭蓋は幅広。マズルは長く突き出て幅もがっちりとしており黒い毛に覆われる。
  • 目は小さめすこし奥目がち、垂耳は先まで幅が広い。
  • 唇は引き締まっていて、大型犬だが涎が垂れない。
  • 趾の指には、ラブラドール種のように水かきがついている。
  • 水を好む為、ラブラドール・レトリーバー同様、休日には川遊びやキャンプなどのアウトドアに同伴したい、という人にもよい。
  • おとなしいためアパートでの飼育には向いている。
  • 滅多なことがない限り吠えないので、家庭犬向きだが番犬には向かない。

犬種の性格[編集]

  • とてもおとなしくゆったりした性格で穏やかである。
  • 感情表現もおおらかで豊かで攻撃性が少ない。あまりイタズラも多くない。
  • 人間との交流が好きで、子どもの相手も好む。子どもの遊び相手に向いている。
  • 大型犬なので早期の躾は必要だが、飼い主に従順な方なので訓練には向いている。

飼育上の注意[編集]

  • 散歩は幼犬の頃は20分程度から伸ばしていく。自転車などを使用しての引き運動は行わないこと。
  • 垂れ耳で蒸れやすいため、一年を通して耳の皮膚病に注意する必要がある。
  • こまめにブラッシングしないと飾り毛が絡まるので注意。

参考文献[編集]

関連項目[編集]