レオポルト・ハーガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レオポルト・ハーガーLeopold Hager, 1935年10月6日 ザルツブルク - )はオーストリアの指揮者。ウィーン古典派ハイドンモーツァルトベートーヴェンシューベルト)の解釈によって知られる。

1949年から1957年までザルツブルク・モーツァルテウムにて鍵盤楽器ピアノオルガンチェンバロ)の演奏ならびに指揮法を学ぶかたわら、ベルンハルト・パウムガルトナーゲルハルト・ヴィンベルガーツェザール・ブレスゲンヨハン・ネポムク・ダーフィトエゴン・コルナウトに作曲を師事。

1957年から1962年までマインツ市立劇場にて指揮者助手に任用され、1962年から1964年までリンツ国立歌劇場を指揮した後、1964年から1965年までケルン歌劇場の首席指揮者に任命される。その後は、1965年から1969年までフライブルク歌劇場の総監督に就任し、1969年から1981年までザルツブルク国立歌劇場ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の首席指揮者を務める。1976年10月にニューヨークメトロポリタン歌劇場にデビューし、《フィガロの結婚》を指揮。1981年にルクセンブルク放送交響楽団(現ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団)の首席指揮者に就任。欧米のその他のオペラハウスオーケストラベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団など)にも客演指揮者として迎えられている。現在ウィーン・フォルクスオーパーの音楽監督を務める。

2004年までウィーン芸術大学にて指揮法の指導を行う。以前にクラウディオ・アバドヘルベルト・フォン・カラヤンズービン・メータらが担当した伝説的な講義に連なるもので、クレメンス・クラウスハンス・スワロフスキーらの著名な教師による直系の長い伝統を続けるものだった。