ルール2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルール2
Urban Legends: Final Cut
監督 ジョン・オットマン
脚本 ポール・ハリス・ボードマン
スコット・デリクソン
製作 ニール・H・モリッツ
ジーナ・マシューズ
リチャード・ルーク・ロスチャイルド
製作総指揮 ブラッド・ラフ
ニック・オズボーン
出演者 ジェニファー・モリソン
マシュー・デイビス
音楽 ジョン・オットマン
撮影 ブライアン・ピアソン
編集 ジョン・オットマン
ロブ・コブリン
製作会社 オリジナル・フィルム
フェニックス・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア・ピクチャーズ
日本の旗 パイオニアLDC
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年9月22日
日本の旗 2001年12月1日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $15,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$21,468,807[2]
世界の旗$38,574,362[2]
前作 ルール
次作 ルール3
テンプレートを表示

ルール2』(原題:Urban Legends: Final Cut)は、2000年制作のアメリカ合衆国ホラー映画。『ルール』シリーズ第2弾。ジョン・オットマンの初監督作品。

あらすじ[編集]

映画学校の卒業を間近に控えたエイミーは、卒業記念として自主製作映画を制作するという学校の伝統に倣い、その制作準備を進める。コンペで最高の栄誉であるヒッチコック賞を受賞すれば、ハリウッドへの道が開けるのだ。

エイミーはサイコスリラー映画を制作する事を決め、着々と準備を整え、撮影に入るが、出演者やスタッフが次々とアクシデントに見舞われる。それはエイミーが制作しようとしている映画の内容と酷似していた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
エイミー ジェニファー・モリソン 幸田夏穂
トレヴァー マシュー・デイビス 千葉進歩
ソロモン教授 ハート・ボックナー 大滝進矢
ヴァネッサ エヴァ・メンデス 落合るみ
リース ロレッタ・ディヴァイン 宮寺智子
グレアム ジョーイ・ローレンス 川田紳司
トビー アンソン・マウント 坪井智浩
ブレンダ レベッカ・ゲイハート
スタン アンソニー・アンダーソン 渋谷茂
サンドラ ジェシカ・コーフィール 手塚ちはる
ダーク マイケル・バコール
サイモン マルコ・ホーフシュナイダー
リサ ジャシンダ・バレット
マリーナ レジーナ・ホール

その他、長克巳浜田賢二志村知幸川村拓央杉山紀彰皆川純子出口佳代

脚注[編集]

  1. ^ Urban Legends Final Cut (2000) - Box office - business
  2. ^ a b Urban Legends: Final Cut”. boxofficemojo.com. 2012年12月19日閲覧。

外部リンク[編集]