ルール赤軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
武装したルール赤軍の兵士。(1920年、ドルトムントにて)

ルール赤軍(Rote Ruhrarmee)は、1920年ルール地方にて結成された組織である。エアハルト海兵旅団によるカップ一揆の直後、社会民主党の呼びかけによるゼネストを機に蜂起した左翼労働者らはルール赤軍を自称し、鎮圧の為に派遣された国軍フライコールを相手に激しい抵抗を行った。ルール赤軍による反乱は、ルール蜂起やルール戦争(Ruhrkrieg)の呼び名で知られている。

赤軍の総兵力はおよそ50,000名を数えた。兵士の多くはドイツ独立社会民主党(USPD)やドイツ共産党(KPD)に所属する第一次世界大戦の復員兵であった。

最初の労働者大隊(Arbeiterbataillone)はメンゲデドイツ語版イッカーンドイツ語版に配置された。これらの大隊に所属した兵士は、多くがドイツ自由労働者組合ドイツ語版(FAUD)の組合員だった。

1920年4月、反乱鎮圧の為にオスカル・フォン・ヴァッタードイツ語版中将率いる陸軍部隊が投入された。赤軍および呼応して蜂起した労働者らは殲滅され、反乱は鎮圧された。

参考文献[編集]

  • George Eliasberg: Der Ruhrkrieg von 1920. Schriftenreihe des Forschungsinstituts der Friedrich-Ebert-Stiftung; Verlag Neue Gesellschaft Bonn/Bad Godesberg 1974. ISBN 3-87831-148-6
  • Karl Grünberg: Brennende Ruhr - Roman aus der Zeit des Kapp-Putsches. Verlag Neues Leben: Berlin 1997, ISBN 3-931999-03-3
  • Otto Hennicke: Die Rote Ruhrarmee. Gewehre in Arbeiterhand. Berlin 1956
  • Erich Knauf: Ça ira! - Reportage-Roman aus dem Kapp-Putsch. Büchergilde Gutenberg: Berlin 1930
  • Erhard Lucas, Ludger Fittkau, Angelika Schlüter: Ruhrkampf 1920: Die vergessene Revolution. Ein politischer Reiseführer, Klartext Verlag, 1990, ISBN 3-88474-347-3
  • Erhard Lucas: Märzrevolution 1920. 3 Bände, Verlag Roter Stern Frankfurt am Main 1973–1978, ISBN 3878770758, ISBN 3878770642, ISBN 3878770855
  • Hans Marchwitza: Sturm auf Essen Internationaler Arbeiterverlag: 1930
  • Heinrich August Winkler: Weimar 1918-1933. Die Geschichte der ersten deutschen Demokratie. Beck, München 1993.

映画[編集]

  • Dr. Heiner Herde: Die Rote Ruhrarmee. NDR 3, 1979

外部リンク[編集]