カップ一揆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カップ一揆

カップ一揆(カップいっき、Kapp-Putsch)は、1920年ドイツ国で起こったクーデター。政治家ヴォルフガング・カップを中心として企てられ、実行された。

ヴァイマル共和政によるヴェルサイユ条約批准に反対し、義勇軍(フライコール)の一部隊であるエアハルト海兵旅団によってベルリンを占領、新政府樹立を宣言した。

経緯[編集]

1920年3月13日の早朝、ヴァルター・フォン・リュトヴィッツ将軍指揮の12,000人が、ベルリン市内に突入しこれを占領した。

国防大臣グスタフ・ノスケは、国軍(Reichswehr)[1]に対して治安出動を命じた。しかし国防軍同士の戦闘を忌避した兵務局長ハンス・フォン・ゼークトはこれを拒否する。大統領フリードリヒ・エーベルトはベルリンを脱出してシュトゥットガルトに大統領府を移転させた。

クーデターに成功したカップは、自ら首相に就任。しかし同年3月17日、エーベルトの命令によって開始された労働組合ゼネストによって新政府はあっけなく崩壊。クーデターは失敗に終わり、カップはスウェーデン亡命した。なお、カップ一揆に対して行われたゼネストは、ルール蜂起と呼ばれる大規模な左派の反乱の発端となった。

備考[編集]

  1. ^ ヴァイマル共和政時代のドイツ軍の呼称。1935年のドイツ再軍備宣言を契機に、軍の呼称はドイツ国防軍(Wehrmacht)に変更される。

外部リンク[編集]