ルンピ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルンピ県の位置

ルンピ(Rumphi)は、マラウイ北部州の県(Rumphi district)で、中心となる都市はルンピ(Rumphi Town)である。本稿では県と都市の両方について述べる。

ルンピ県[編集]

この県は4769 km2面積を持ち、人口は12万8360人である。

ルンピ県は幾人かの著名な政治家を輩出しており、マラウイ人として初めてヘイスティングズ・カムズ・バンダ独裁に対する反政府活動を公式に行い、後に民主同盟の代表となったトム・チャクフワ・チハナや、先の内閣のメンバーであったデニス・ンクワジマラウイ民主党の代表であるカムレポ・カルアなどがルンピ県出身である。

ルンピ (都市)[編集]

この町はタバコの栽培が盛んであり、煙草を扱う市場もある活気のある町である。 また、住人が親切であることと、ニイカ国立公園ニイカ高原から近いことで有名である。さらに、隣のムジンバ県の都市であるムズズは一年を通して晴天で気候が穏やかであるのに対し、ルンピでは夏に気温が非常に高くなることでも知られている。これは、この町がに囲まれているのが原因である。

人口統計

人口[1]
1987 7156
1998 13977
2008 27988

脚注[編集]