ムジンバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムジンバ県の位置

ムジンバ(Mzimba District)は、マラウイ北部州に属する県である。また、中心となる都市はムジンバ(Mzimba Town)である。本稿では、県と都市の両方を扱っている。

ムジンバ県[編集]

この県は1万430 km.²の面積を持ち、人口は61万944人である。県内で最も一般的な仕事は、とうもろこしの自給農業、放牛のほか、換金作物としてのタバコの栽培である。 教育に関しては、ムジンバ県には現在、98個の活動的な教育委員会が存在する。 この県の民族は、トゥンブカ系の人々と、南アフリカのンゴニ族系の子孫から構成されており、県内では主にトゥンブカ語が使用されている。また、県の中心となる都市はムジンバであるが、県内で最大の都市はムズズである。ムズズはマラウイ北部州の州都となっている。[1]

なお、この県におけるンゴニ族の大首長(Inkosi ya Makosi)は現在、M'Mbelwa IVである。

ムジンバ (都市)[編集]

この都市は、ムジンバ県の中心となる都市であり、海抜約1400メートルの高さに位置している。

人口統計

人口[2]
1987 7687
1998 13869
2008 26224

脚注[編集]