ルドルフ・フォン・ロート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Roth, Rudolf von (1821-1895).jpg

ルドルフ・フォン・ロート(Rudolf von Roth、1821年4月3日 - 1895年6月23日)は、ドイツインド学者ヴェーダの研究者として知られ、またオットー・フォン・ベートリンクとともにサンスクリット大辞典を編纂した。

生涯と業績[編集]

ロートはシュトゥットガルトに生まれた。テュービンゲン大学で神学と東洋諸言語を学び、1843年に博士の学位を取得した。その後パリに出てウジェーヌ・ビュルヌフの強い影響を受けた[1]ロンドンオックスフォードではヴェーダの写本を研究した。研究成果は1846年に発表され、ロートをヴェーダの専門家として一躍有名にした。

1845年にテュービンゲン大学に戻って、私講師の職についた[2]。1848年に員外教授、1856年にサンスクリットの正教授に就任した。また大学図書館の主任の職についた[3]

ロートはヤースカのニルクタを研究し、また教え子のウィリアム・ドワイト・ホイットニーと共著でアタルヴァ・ヴェーダの校訂本を出版した。

ロートはサンクトペテルブルクオットー・フォン・ベートリンクによる巨大なサンスクリット辞典(7巻、1855-1875年)の編纂に協力し、ロートがヴェーダ時代を、ベートリンクが古典サンスクリットの時代を担当した[2]

脚注[編集]

  1. ^ Macdonell (1895) p.906
  2. ^ a b Macdonell (1895) p.907
  3. ^ NDB

参考文献[編集]