ルウェリン・ロイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルウェリン・ロイド
Llewelyn Lloyd
Llewelyn lloyd, autoritratto nello studio, 1916 (coll. priv.).jpg
自画像
生誕 1879年8月30日
イタリア, リヴォルノ
死没 1949年10月1日
イタリア,フィレンツェ

ルウェリン・ロイド(Llewelyn Lloyd、1879年8月30日 - 1949年10月1日)はイタリアで活動した画家である。

略歴[編集]

トスカーナ州リヴォルノで生まれた。父親はウェールズ出身の商人で、ロイドはイギリス国籍のまま生涯を送った。父親が亡くなった後、叔父に育てられた。1894年からリヴォルノで、グリエルモ・ミケーリの絵画教室で学んだ。ミケーリはマッキア派の画家、ジョヴァンニ・ファットーリの弟子で、同時期にアメデオ・モディリアーニオスカル・ギリア、ジーノ・ロミティらがミケーリの教室で学んでいた。

ロイドの作品はフィレンツェで教えていたジョヴァンニ・ファットーリの関心を引き、フィレンツェに移り、ファットーリのもとで修業した[1]。フィレンチェではマッキア派の画家、テレマコ・シニョリーニアドリアーノ・チェチオーニの作品や、ルネサンスのイタリア美術の作品に親しんだ。

1897年のフィレンチェ春季展(Fiorentina Primaverile)に初めて出展し、この頃は風景を点描の画家のスタイルで描いていたが、点描の技法を用いた期間は短かった。リグリアで、風景画家のグリエルモ・ロリ(Guglielmo Amedeo Lori:1869–1913) やベンヴェヌーティ(Benvenuto Benvenuti:18810–1959)と活動し、プリニオ・ノメリーニ(Plinio Nomellini:1866–1943)とともに、「Gruppo di Albaro」の画家として知られるようになった。

美術史を研究し、1929年に著書「19世紀のイタリア絵画」(La pittura dell'Ottocento in Italia)を出版した[2]

イギリスの市民権を保持していたので、第2次世界大戦が始まった後、1944年に逮捕され フォッソリ収容所に収容され、その後ドイツ、バイエルン州の収容所に終戦後の1945年5月まで収容された。フィレンツェに戻った後、収集家のRoberto Papiniの邸で暮らした[3]

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Pinacoteca Livorno short biography.
  2. ^ La pittura dell'Ottocento in Italia.
  3. ^ Biography extracted from: La pittura in Italia-l'Ottocento. Electa, Milan, 1992; I Postmacchiaioli. Catalogue from exhibition curated by Raffaele Monti e Giuliano Matteucci. Edizioni De Luca, Rome 1994.Pinacoteca Livorno.

参考文献[編集]

  • Gastone Razzaguta, Virtù degli artisti labronici, Editrice Nuova Fortezza, 1985.
  • Raffaele Monti, Il divisionismo toscano, Edizioni De Luca, 1995.
  • Lucia Mannini, Llewelyn Lloyd e l'eredità della Macchia, in “Artista. Critica dell'arte in Toscana”, 2001, Casa Editrice Le Lettere, Firenze, pp.60-89
  • Paola Pietrini, LLOYD, Llewelyn, in Dizionario biografico degli italiani, vol. 65, Roma, Istituto dell'Enciclopedia Italiana, 2005. URL consultato il 31 luglio 2017.
  • Llewelyn Lloyd, Tempi andati, a cura di Dario Matteoni, Firenze, L. S. Olschki, 2007, ISBN 88-222-5619-0.
  • Vincenzo Farinella (a cura di), Due capolavori ritrovati : Llewelyn Lloyd e Lodovico Tommasi nelle raccolte della Fondazione della Cassa di Risparmi di Livorno. Catalogo della Mostra tenuta a Livorno nel 2008, Milano, Officina Libraria, 2008, ISBN 978-88-89854-15-0.
  • Alice Barontini, Livorno 900: La grafica dei Maestri, da Cappiello a Natali, Benvenuti & Cavaciocchi editore 2010.