リンチバーグ駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リンチバーグ駅
駅舎
駅舎
Lynchburg
(Lynchburg-Kemper Street)
所在地 825 Kemper Street
Lynchburg, VA 24501
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
駅番号 LYH
ホーム 1面3線
乗車人員
-統計年度-
232人/日(降車客含まず)
-2015-
開業年月日 1912年
乗入路線 2 路線
所属路線 Amtrak logo 2.svg クレセント
ダンビル
Danville
シャーロッツビル
Charlottesville
所属路線 Amtrak logo 2.svg ノースイースト・リージョナル
シャーロッツビル
Charlottesville
備考 [1][2][3]
テンプレートを表示

リンチバーグ駅英語:Lynchburg-Kemper Street Station )は、アメリカ合衆国バージニア州リンチバーグ ケンパー・ストリート825にある[1][2]。 全米各地を結ぶ旅客鉄道のアムトラックが乗り入れている。

概要[編集]

リンチバーグ駅はリンチバーグのダウンタウンの南端にありサザン鉄道の駅として1912年に営業を開始した。長年にわたり、建物は無視され、荒廃したが、駅舎を保存しようとするリンチバーグ市議会の決意は、再開発の努力につながった。2000年には、屋根、ユーティリティ、ボイラーシステム、歴史博物館の表示と新しいビジターセンターなどの大規模な修復工事が始まった。2002年4月26日には、リンチバーグ市はアムトラックの駅に加えて、グレイハウンドグレーター・リンチバーグ・トランジット英語版 (GLTC)のバスターミナルになった当駅の修復工事の完成を祝った。2万ドルと関連の仕事に別の75万ドルから100万ドルを必要とした。財源は、連邦政府の総合陸上輸送効率化法英語版(ISTEA)補助金とバージニア州鉄道・公共交通機関省英語版Virginia DRPT)の補助金が含まれていた。

利用可能な鉄道路線/列車[編集]

アムトラックの停車する列車は下記の通り。

ニューヨークニューオーリンズ間の夜行長距離列車クレセント号 …1日1往復停車[4]
ボストンリンチバーグ間の昼行長距離列車ノースイースト・リージョナル…1日1往復発着[5]

バス[編集]

当駅から乗車できるバスは以下の通り。

中長距離バス:グレイハウンド[6]
路線バス: グレーター・リンチバーグ・トランジット英語版 (Greater Lynchburg Transit Company)[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b 英語版を参照
  2. ^ a b Lynchburg, VA”. Amtrak. 2016年9月16日閲覧。
  3. ^ Amtrak Fact Sheet, FY2015, Commonwealth of Virginia (PDF)”. Amtrak (2015年11月). 2016年9月16日閲覧。
  4. ^ Crescent (PDF)”. Amtrak (2016年1月11日). 2016年9月16日閲覧。
  5. ^ Northeast Regional (PDF)”. Amtrak (2016年1月11日). 2016年9月16日閲覧。
  6. ^ Bus Station”. Greyhound. 2016年9月16日閲覧。
  7. ^ Route&Schedule”. GLTC. 2016年9月16日閲覧。

外部リンク[編集]