リンダ・マリア・バロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リンダ・マリア・バロス
Linda Maria Baros
Linda Maria Baros.jpg
リンダ・マリア・バロス
誕生 1981年8月6日
ルーマニアブクレシュティ
職業 詩人評論家翻訳家
言語 フランス語
教育 比較文学PhD、パリソルボンヌ大学
最終学歴 パリソルボンヌ大学(パリIV)
ジャンル
主な受賞歴 ギヨーム・アポリネール賞
公式サイト http://www.lindamariabaros.fr
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

リンダ・マリア・バロス (Linda Maria Baros、1981年 8月6日)は、フランスの詩人、評論家翻訳家。現在、パリ在住。

生涯[編集]

1981年、リンダ・マリア・バロス、ルーマニア生まれ、フランス語教育を受けて育った。2000年、パリに留学し - パリソルボンヌ大学(パリIV)。

2007年、ギヨーム・アポリネール賞[1]。2011年、比較文学PhD、パリソルボンヌ大学。

作品[編集]

[編集]

  • L'Autoroute A4 et autres poèmes,フランス (2009)
  • La Maison en lames de rasoir,フランス (2006) - ギヨーム・アポリネール賞
  • Le Livre de signes et d'ombres,フランス (2004)
  • Le poème à tête de sanglier, ブクレシュティ、ルーマニア (2003)
  • Il est loin le soleil couchant, arrache-lui le ruban !, ブクレシュティ、ルーマニア (2001)

評論[編集]

  • Passer en carène (2005)
  • Les Recrues de la damnation, (2005)

脚注[編集]

  1. ^ ギヨーム・アポリネール賞

外部リンク[編集]