リンガー! 替え玉★選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
リンガー! 替え玉★選手権
The Ringer
監督 バリー・W・ブラウスタイン
脚本 リッキー・ブリット
製作 ボビー・ファレリー、ピーター・ファレリー、ジョン・ジェイコブス、ブラッドリー・トーマス
製作総指揮 ティム・シュライヴァー
撮影 マーク・アーウィン
制作会社 Conundrum Entertainment
配給 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
公開

アメリカ合衆国の旗 2005年12月23日

日本の旗 2007年4月21日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
製作費 2000万ドル
興行収入 4000万ドル
テンプレートを表示

リンガー! 替え玉★選手権(英:The Ringer)は、2005年の映画。コメディだが、テーマが障害者という部分に置かれている。ジミー役のレナード・フラワーズは、実際に知的障がいのある、スペシャルオリンピックの有名アスリートである[1]

ストーリー[編集]

人のいいスティーヴ・バーカーはこれまでありふれたデスクワークに甘んじてきたが、ある時ついに意を決して上司に昇進を願い出る。しかし、彼の昇進と引き換えに、長年管理人として働いてきたスタヴィがクビになってしまう。スティーヴは彼があんまりかわいそうだったので自分の家の芝刈りの仕事を与えるが、それが裏目に出てスタヴィは作業中に指を失ってしまった。彼の指を救うにはまとまった金が必要で、責任を感じたスティーヴは、お調子者の叔父ゲイリーに相談する。するとゲイリーは、スティーヴがスペシャル・オリンピックスの大会に出て史上最高のチャンピオン、ジミーを破れば、ジミーの敗北に賭けている自分に大金が舞い込むと不届千万な企みをアドバイス、スティーヴはジェフィという知的のフリをして大会に参加するのだった。しかし、上手に知的発達障害者になりすますのは、彼が想像していたよりも遥かに難しいチャレンジだった。まず、彼が恋心を寄せるスペシャル・オリンピックスのボランティア、リン・シェルダンに自分の障害を信じさせること。自分を悩ます子犬のように騒がしい選手仲間達の友情を得ること。そして何よりも、出場競技の全てに勝つのは到底ムリそうだった。 さらに悪いことには、彼の詐欺行為が、スティーヴの選手仲間達に気づかれてしまう。しかし彼らは、スティーヴの正体をバラす代わりに、自分達でトレーニングしようと決める。彼らは、高慢ちきなジミーを表彰台から引きずり下ろしたかったのだ。仲間達が与えたトレーニング法は、どんなスポーツでも見たこともないものばかり。それでもスティーヴは、新しい友達のために、金メダルを目指してトレーニングに励む。

キャスト[編集]

俳優 役名 DVD吹替
ジョニー・ノックスヴィル スティーヴ・バーカー/ジェフィ 大塚芳忠
ブライアン・コックス ゲイリー・バーカー 内海賢二
キャサリン・ハイグル リン 岡 寛恵
ジェド・リース グレン 落合弘治

スタッフ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]