リワ・オアシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オアシスの位置(赤色)
砂漠を貫くハイウェー

リワ・オアシス(Liwa Oasis)は、アラブ首長国連邦アブダビ首長国内陸の砂漠にある巨大なオアシスである。南部のサウジアラビア国境近くで砂丘に沿って100kmに亘り点在するいくつものオアシスの総称。アブダビとドバイの首長一族の祖先も昔住んでおり、古くから遊牧民(ベドウィン)が集落(現在約50)を作ってデーツを栽培している。近年、観光客も増加してきた。海岸から100kmまっすぐに南下するハイウェーがあり、途中には大油田の基地がいくつも存在する。

リワ・オアシスとアル・アイン・オアシスにおける伝統的な灌漑農業によるナツメヤシ栽培が、2016年に「アル・アインとリワのナツメヤシオアシス 」として国連食糧農業機関世界重要農業遺産システム(世界農業遺産)に登録された[1]

[編集]