リリアン・ギブズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リリアン・ギブズ(Lilian Suzette Gibbs、1870年9月10日1925年1月30日)は、イギリスの植物学者である。ロンドン大英博物館のために働いた。1910年2月、40歳の時に、標高4095mのボルネオ島キナバル山に登頂し、この山に登頂した最初の女性となった。アフリカ太平洋の島で植物採集に従事し、多くの標本を集めた。

生涯[編集]

1870年、ロンドンの裕福な家庭に生まれた。1899年から1900年の間、スワンリー(Swanley)園芸カレッジで学び、その後、J.B.ファーマー(John Bretland Farmer)の弟子となった。アルプス北アフリカで植物採集を行い、1905年に南ローデシア(現在のジンバブエ)の採集旅行を行い、2つの旅行記を著した。1910年には王立科学学校(Royal College of Science)からハクスリー・メダルを受賞した。1907年にはフィジーニュージーランドを訪れた。多くの探検隊を組織するのに成功した。1905年にロンドン・リンネ協会、1910年に顕微鏡学会に女性として始めて会員に選ばれた。

バンブーサ属の、Bambusa gibbsiae Stapfなどに献名されている。

著書[編集]

  • A contribution to the flora and plant formations of Mount Kinabalu and the highlands of British North Borneo (1914)
  • A Contribution to the Phytogeography and Flora of the Arfak Mountains, & c. , etc (1917)