リュビツァ・マリッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リュビツァ・マリッチLjubica Marić, *1909年5月18日 クラグイェヴァツ - †2003年9月17日 ベオグラード)は、ユーゴスラビア出身の女性作曲家ベオグラードにてヨシプ・ストルチェル=スラヴェンスキに、プラハ音楽院にてヨセフ・スクアロイス・ハーバに師事し、指揮法ニコライ・マルコに学ぶ。1945年より講師として、1957年より教授としてベオグラード音楽院にて教鞭を執る。セルビア民族音楽や、原始キリスト教会ならびにセルビア正教会奉神礼音楽を研究し、作風においてもその感化を受けた。セルビア科学芸術アカデミーの会員でもあった。

室内楽曲や数多くのカンタータのほかに、《管弦楽のためのパッサカリア》やピアノと管弦楽のための《ビザンチン協奏曲》などがある。

外部リンク[編集]