リビング・イン・オブリビオン/悪夢の撮影日誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リビング・イン・オブリビオン/悪夢の撮影日誌
Living in Oblivion
監督 トム・ディチロ
脚本 トム・ディチロ
製作 マイケル・グリフィス
マーカス・ヴィシディ
製作総指揮 ヒラリー・ギルフォード
出演者 スティーヴ・ブシェミ
キャサリン・キーナー
ダーモット・マルロニー
音楽 ジム・ファーマー
撮影 フランク・プリンツィ
編集 デイナ・コングドン
カミーラ・トニオロ
配給 アップリンク
公開 アメリカ合衆国の旗 1995年3月17日
日本の旗 1996年3月16日
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $500,000
テンプレートを表示

リビング・イン・オブリビオン/悪夢の撮影日誌』(原題:Living in Oblivion)は、1995年製作のアメリカ映画トム・ディチロ監督・脚本のコメディ。サンダンス映画祭で脚本賞を受賞した。

脚本の着想は、ディチロ自身が監督をつとめた『ジョニー・スエード』制作時の腹立たしい経験をもとにしている。その奮闘ぶりはのちに監督をつとめる『Box of Moon Light』まで続いており、本作もあらゆるプロデューサーにオファーを断られ、出演陣やディチロの友人らの出資によって制作を実現した経緯がある。

キャスト[編集]

ストーリー[編集]

低予算映画の撮影現場で起こる様々な騒動を描く。画面にマイクが映ってしまったり、雑音が入ったりといった技術的なトラブルから、我が侭な主演男優、俳優たちやスタッフ達の複雑な人間関係を乗り越え、なんとか監督は映画を仕上げようと奮闘する。

外部リンク[編集]