リパブリックプラザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リパブリックプラザ
Republic Plaza.jpg
リパブリックプラザの位置(シンガポール内)
リパブリックプラザ
リパブリックプラザ
施設情報
所在地 シンガポールの旗 シンガポール共和国
座標 北緯1度16分58秒
東経103度51分3.6秒
座標: 北緯1度16分58秒 東経103度51分3.6秒
状態 完成
建設期間 1986年 - 1995年
用途 事務所
地上高
屋上 -
最上階 280m
各種諸元
階数 66 階
延床面積 126,200m2

リパブリックプラザ英語Republic Plaza中国語簡体字):共和大厦)とは、シンガポール共和国の中央地区、ラッフルズプレイスに位置する超高層ビルである。

概要[編集]

リパブリックプラザはシンガポールのCDB(中心業務地区)であるシンガポール川沿いのダウンタウンラッフルズプレイスに建てられた高さ280m、地上66階建ての超高層ビルである。風の抵抗を軽減するため、上階に行くにつれて三角形の形状が変化するデザインとなっている。また耐震設計の超高層ビルとしては同国の先例となった。設計は日本を代表する建築家の黒川紀章、施工は清水建設1995年に完成。同地区のランドマーク的存在の一つである。

テナントである三菱東京UFJ銀行からBank of Tokyo-Mitsubishiの名前でも呼ばれているこのビルは、同国を代表する超高層建築でもある。1階に同行の受付とTWGの店舗とカフェを、2階に上層階のテナントへの受付を、地下には日本食を含む飲食店などを配置している。なおタワー1とタワー2に分かれ、タワー2側の上部に駐車場を持つ。 隣接するOUBセンターUOBプラザと並んで、シンガポールで最も高い超高層ビル3棟のうちの1つである(シンガポールの建築法により、超高層建築は最高軒が概ね高さ約280mまでとなっている)。またこれら3棟全てが日本人建築家の設計による。

周辺施設[編集]

交通[編集]

  • MRTラッフルズ・プレイス(Raffles Place)駅

関連項目[編集]