リバースカール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リバースカール(reverse curl)は、ウエイトトレーニングの種目の一つ。上腕筋腕橈骨筋が主に鍛えられる。

スタンディング・ダンベル・リバースカール(スタート)
スタンディング・ダンベル・リバースカール(フィニッシュ)


具体的動作[編集]

スタンディング・バーベル・リバースカール[編集]

  1. バーベルを肩幅より広めのオーバーグリップで持って直立する。
  2. 息を吐きながら肘を動かさないようにバーベルを上げる。
  3. 上腕筋腕橈骨筋が十分に収縮するのを感じ取ったら、息を吸いながら元の姿勢に戻る。
  4. 2~3を繰り返す。

スタンディング・EZバー・リバースカール[編集]

  1. EZバーを肩幅より広めのオーバーグリップで持って直立する。
  2. 息を吐きながら肘を動かさないようにEZバーを上げる。
  3. 上腕筋腕橈骨筋が十分に収縮するのを感じ取ったら、息を吸いながら元の姿勢に戻る。
  4. 2~3を繰り返す。

スタンディング・ダンベル・リバースカール[編集]

  1. ダンベルをオーバーグリップで持って直立する。はやや開き気味にする。
  2. 息を吐きながら肘を動かさないようにダンベルを上げる。
  3. 上腕筋腕橈骨筋が十分に収縮するのを感じ取ったら、息を吸いながら元の姿勢に戻る。
  4. 2~3を繰り返す。

スタンディング・ケーブル・リバースカール[編集]

  1. ロープーリーカールバーまたはストレートバーをセットする。
  2. ハンドルをオーバーグリップで持って直立する。
  3. 息を吐きながら肘を動かさないようにハンドルを上げる。
  4. 上腕筋腕橈骨筋が十分に収縮するのを感じ取ったら、息を吸いながら元の姿勢に戻る。
  5. 2~3を繰り返す。

プリーチャー・バーベル・リバースカール[編集]

  1. バーベルを肩幅より広めのオーバーグリップで持ってプリーチャーベンチのパッドに腕を乗せ、シートに座る。
  2. 息を吐きながらバーベルを上げる。
  3. 前腕が床に対して垂直になる手前まで上げたら、息を吸いながら元の姿勢に戻る。
  4. 2~3を繰り返す。

プリーチャー・EZバー・リバースカール[編集]

  1. EZバーを肩幅より広めのオーバーグリップで持ってプリーチャーベンチのパッドに腕を乗せ、シートに座る。
  2. 息を吐きながらEZバーを上げる。
  3. 前腕が床に対して垂直になる手前まで上げたら、息を吸いながら元の姿勢に戻る。
  4. 2~3を繰り返す。

プリーチャー・ダンベル・リバースカール[編集]

  1. ダンベルをオーバーグリップで持ってプリーチャーベンチのパッドに腕を乗せ、シートに座る。
  2. 息を吐きながらダンベルを上げる。
  3. 前腕が床に対して垂直になる手前まで上げたら、息を吸いながら元の姿勢に戻る。
  4. 2~3を繰り返す。

プリーチャー・ケーブル・リバースカール[編集]

  1. ハンドルを肩幅より広めのオーバーグリップで持ってプリーチャーベンチのパッドに腕を乗せ、シートに座る。
  2. 息を吐きながらハンドルを上げる。
  3. 上腕筋腕橈骨筋が十分に収縮するのを感じ取ったら、息を吸いながら元の姿勢に戻る。
  4. 2~3を繰り返す。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 窪田登、『ウイダー・トレーニング・バイブル』、森永製菓株式会社健康事業部。
  • 『かっこいいカラダ the best』、ベースボールマガジン社。