インクライン・カール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

インクライン・カール(incline curl)は、ウエイトトレーニングの種目の一つ。上腕二頭筋に主に刺激を与え、上腕筋腕橈骨筋にも負荷がかかる。

具体的動作[編集]

インクライン・ダンベル・カール[編集]

  1. ダンベルを両手に持ち、床に対して30~45度に起こしたインクラインベンチに仰向けになる(厳密にベンチの角度を守らなくても良い)。手のひらが前方を向くようにして、肩関節が伸展した位置でスタートする。
  2. 息を吐きながら、肘を動かさないようにダンベルを上げる。
  3. 上腕二頭筋が十分に収縮するのを感じ取ったら、息を吸いながら元の姿勢に戻る。
  4. 2~3を繰り返す。

インクライン・ダンベル・スクリューカール[編集]

  1. ダンベルを両手に持ち、床に対して30~45度に起こしたインクラインベンチに仰向けになる。両手の手のひらが向き合うようにする。
  2. 息を吐きながら、肘を動かさないようにダンベルを上げる。同時に両手を徐々に外側に回していき、手のひらが前方を向くようにする。
  3. 上腕二頭筋が十分に収縮するのを感じ取ったら、息を吸いながら元の姿勢に戻る。
  4. 2~3を繰り返す。

インクライン・ケーブル・カール[編集]

  1. ロープーリーワンハンドルバーをセットする。インクラインベンチロープーリーの前に縦向きにセットする。
  2. ロープーリーに背中を向けて、手のひらが前方を向くようにハンドルを持つ。ロープーリーに背中を向けてインクラインベンチに仰向けになる。
  3. 息を吐きながら肘を動かさないようにハンドルを上げる。
  4. 上腕二頭筋が十分に収縮するのを感じ取ったら、息を吸いながら元の姿勢に戻る。
  5. 3~4を繰り返す。反対の手も同様に行う。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 窪田登、『ウイダー・トレーニング・バイブル』、森永製菓株式会社健康事業部。
  • 『かっこいいカラダ the best』、ベースボールマガジン社。