シーテッド・カール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シーテッド・カール(seated curl)は、ウエイトトレーニングの種目の一つ。上腕二頭筋に主に刺激を与え、上腕筋腕橈骨筋にも負荷がかかる。

スタンディング・カールをベンチに座った状態で行う。座る事で反動が使えなくなり、より正確な挙動で行えるようになる。

具体的動作[編集]

シーテッド・ダンベルカール[編集]

  1. アンダーグリップで両手にダンベルを持ってベンチに座り、背筋を伸ばして胸を張る。
  2. 息を吐きながらダンベルを上げる。
  3. 上腕二頭筋が十分に収縮するのを感じ取ったら、息を吸いながら元の姿勢に戻る。
  4. 2~3を繰り返す。

シーテッド・ダンベル・スクリューカール[編集]

  1. ニュートラルグリップで両手にダンベルを持ってベンチに座り、背筋を伸ばして胸を張る。
  2. 息を吐きながらダンベルを上げる。肘が90度になるところで、肘を絞りながら手のひらを上に向ける。
  3. 上腕二頭筋が十分に収縮するのを感じ取ったら、息を吸いながら元の姿勢に戻る。
  4. 2~3を繰り返す。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 窪田登、『ウイダー・トレーニング・バイブル』、森永製菓株式会社健康事業部。
  • 山本義徳、『体脂肪を減らして筋肉をつけるトレーニング』、永岡書店。
  • 『かっこいいカラダ the best』、ベースボールマガジン社。