リタ (東ローマ皇后)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リタ
Rita
東ローマ皇后
出生 1278年1月10/11日
死去 1333年7月
配偶者 東ローマ皇帝ミカエル9世パレオロゴス
子女 アンドロニコス3世パレオロゴス
マヌエル・パレオロゴス
アンナ・パレオロギナ
テオドラ・パレオロギナ
父親 アルメニア王レオーン3世
母親 ケラン
テンプレートを表示

リタラテン文字表記:Rita, 1278年1月10/11日 - 1333年7月)は、東ローマ帝国皇帝ミカエル9世パレオロゴスの皇后。結婚後はマリアと改名した。

父は、キリキア・アルメニア王国の王レオーン3世、母はケラン王妃。1296年にミカエルと結婚し、7子をもうけたが、確認できるのは4人である。