リゾホスファチジン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リゾホスファチジン酸
識別情報
CAS登録番号 22002-87-5
PubChem 5497152
MeSH lysophosphatidic+acid
特性
化学式 C21H41O7P
モル質量 436.52 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

リゾホスファチジン酸(Lysophosphatidic acid、LPA)は、シグナリング分子の働きをするリン脂質誘導体であり、ホスファチジン酸合成の中間生成物でもある。その生合成にはいくつかの潜在的ルートがあるが、もっともよく特徴付けられているのは、オートタキシンと呼ばれるリゾホスホリパーゼDによるものであり、リゾホスファチジルコリンからコリンを除去する。

Autotaxin rxn.png

LPAは、LPA1、LPA2、およびLPA3(またはEDG2、EDG4、およびEDG7)と呼ばれる3つの高親和性Gタンパク質共役受容体の活性化のためのマイトジェンとして作用する。加えて、LPA受容体としてLPA4 (p2y9/GPR23)、LPA5 (GPR92) そして LPA6 (GPR87)が最近確認された。

細胞増殖を刺激するため、異常なLPAシグナリングは多くの経路で癌へリンクする。オートタキシンまたはLPA受容体の異常調節は腫瘍形成転移に寄与する過剰増殖を誘導する。


参考文献[編集]

  • Moolenar, W.H., Lysophosphatidic Acid, a Multifunctional Phospholipid Messenger. J. Biol. Chem. 1995. (270)22:12949. Article.
  • Mills, G.B., Moolenaar, W.H., The Emerging role of lysophosphatidic acid in cancer. Nat. Rev. Cancer. 2003. (8):582. Article

関連項目[編集]