リアクション・モーターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リアクション・モーターズ
業種 航空宇宙産業
行方 1958年にチオコール社に売却、1972年に閉鎖
後継 チオコール
設立 1941年 (1941)
創業者 James H.Wyld
解散 1972年
本部 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニュージャージー州
製品 ロケットエンジン
X-1Aに搭載されたXLR11エンジン
X-15高高度極超音速実験機に搭載されたXLR99エンジン

リアクション・モーターズReaction Motors Inc.(RMI) はアメリカ合衆国のニュージャージー州を拠点としていた初期の液体燃料ロケットエンジンの製造会社である。

概要[編集]

真珠湾攻撃からわずか9日後の1941年12月16日アメリカロケット協会の会員だったJames H.Wyldと3人の会員達によってアメリカで最初のロケットエンジンの会社であるリアクション・モーターズが海軍との契約でJATOを生産するために設立された[1]

RMIのエンジンには世界で初めて音速の壁を破ったベル・X-1や、その後継機のX-1A, X1EやD-558-2等の一連のロケット飛行機に搭載された推力6,000 lbf (27 kN)のXLR11エンジンが含まれる。

ヴァイキング ロケットに使用された推力20,000 lbf (89 kN)のエンジンはアメリカで最初の大型の高高度に到達した液体燃料ロケットである。RMIは1958年にチオコール社に買収されX-15高高度極超音速実験機に搭載されたXLR99を生産した。

リアクション・モーターズの拠点は第二次世界大戦後、市街化が進み、騒音を発するロケットエンジンの開発がやりにくくなった。本格的な宇宙時代の到来を目前に事業はRMIは1958年にチオコール社に売却され[1]、1970年代初頭から国防総省は液体推進系への開発予算を固体推進系以上に削減したため、1970年にチオコールはリアクション・モーターズの閉鎖を決定して1972年6月に閉鎖された。

事業としては大きな成功を納めなかったものの、ロケット工学の分野ではその後の標準的な仕様となった再生冷却と管の集合による燃焼室を開発して貢献した[1]

製品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Preludes to U.S. Space-launch Vehicle Technology. University Press of Floridal. (2008). pp. 127-133. ISBN 9780813031774. 
  2. ^ http://www.astronautix.com/lvs/viking.htm