ラージ・シング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラージ・シング
Raj Suingh
メーワール王
Raja Ravi Varma, Maharana Raj Singh - I.jpg
ラージ・シング
在位 1652年 - 1680年
別号 マハーラーナー
出生 1629年9月24日
ウダイプル
死去 1680年10月22日
クンバルガル
子女 ジャイ・シング
王朝 シソーディヤー朝
父親 ジャガト・シング
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

ラージ・シング(Raj Singh, 1629年9月24日 - 1680年10月22日)は、北インドラージャスターン地方メーワール王国の君主(在位:1652年 - 1680年)。

生涯[編集]

1629年9月24日メーワール王国の君主ジャガト・シングの息子として、ウダイプルで誕生した[1][2]

1652年4月、父ジャガト・シング死亡したことにより、王位を継承した[3][4]

1678年12月、同じラージプートマールワール王国で君主ジャスワント・シングが死亡し、継嗣がいなかったため、翌年1月に同国はムガル帝国の皇帝アウラングゼーブによって併合された。ラージ・シングは相続問題などラージプート内部の問題に関して、アウラングゼーブの介入を強く否定していた[5]

そのうえ、1679年2月になってジャスワント・シングの未亡人が継嗣アジート・シングを出産して後継者が出来たこと、また同年4月にアウラングゼーブが100年以上廃止されてきたジズヤを復活したことも相まって[6]、ラージプートらの間では不満が醸成されていった。

同年7月、アジート・シングを擁するマールワール王国のドゥルガー・ダースなどのラージプートらが、帝国に対して反乱を起こした[7][8]。アウラングゼーブは強大な軍隊を招集したのちアジュメールに進軍し、その反乱を破り、ジョードプルを占拠した[9]

このとき、ラージ・シングはマールワール王国を支援するため、自身の武将の一人に指揮させた5,000人の兵士から成る一軍を派遣していた[10]。また、敗れたドゥルガー・ダースがアジート・シングを連れメーワール王国に逃げてきた際、彼は秘密の隠れ家を提供した[11]

そのため、同年11月にアウラングゼーブはメーワール王国とも戦端を開き、その強力な分遣隊がウダイプルに到着し、王の軍営を襲った[12]。そして、1680年1月にウダイプルとチットールガルは帝国によって占領された[13]

だが、ラージ・シングは丘陵地帯奥深くに入り、ゲリラ戦に持ち込もうとした。そのため、ムガル帝国は丘陵地帯に入り込むことも、ラージプートのゲリラ戦法に対処することもできず、戦争は膠着した[14]

1680年10月22日、ラージ・シングは戦争のさなか、クンバルガルで病没した[15][16][17]。死後、息子のジャイ・シングが王位を継承した。

脚注[編集]

  1. ^ Udaipur (Princely State)
  2. ^ UDAIPUR (Mewar) (Princely State)
  3. ^ Udaipur (Princely State)
  4. ^ UDAIPUR (Mewar) (Princely State)
  5. ^ チャンドラ『中世インドの歴史』、p.369
  6. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.177
  7. ^ チャンドラ『中世インドの歴史』、p.368
  8. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.177
  9. ^ チャンドラ『中世インドの歴史』、pp.368-369
  10. ^ チャンドラ『中世インドの歴史』、p.369
  11. ^ チャンドラ『中世インドの歴史』、p.369
  12. ^ チャンドラ『中世インドの歴史』、p.369
  13. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』年表、p.40
  14. ^ チャンドラ『中世インドの歴史』、p.369
  15. ^ Udaipur (Princely State)
  16. ^ UDAIPUR (Mewar) (Princely State)
  17. ^ チャンドラ『中世インドの歴史』、p.369

参考文献[編集]

関連項目[編集]

Template:メーワール王国の君主