メーワール王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メーワール王国
Mewar Kingdom
8世紀 - 1947年 インド
メーワール王国の国旗 メーワール王国の国章
(国旗) (国章)
メーワール王国の位置
王宮から行進する行列
公用語 ヒンディー語
首都 チットールガルウダイプル
ラーナーマハーラーナー
xxxx年 - xxxx年 不明
面積
1941年 33517km²
人口
1941年 6500000人
変遷
成立 8世紀
滅亡 1947年
通貨 ルピー

メーワール王国(メーワールおうこく、ヒンディー語:उदयपुर、英語:Mewar Kingdom)は、インドラージャスターン地方に存在したヒンドゥー王朝8世紀 - 1947年)。ウダイプル藩王国とも呼ばれる。

歴史[編集]

8世紀、グヒラ族によってメーワール王国が建国された。

1303年、ハルジー朝のアラー・ウッディーン・ハルジーにより首都チットールガルを攻撃され、一時的に滅亡する[1]。だが、 1326年にハンミーラによって再興された[2]

1535年、グジャラート・スルターン朝のバハードゥル・シャー率いる軍勢に首都チットールガルを包囲された。だが、このときはムガル帝国の皇帝フマーユーンの軍勢がグジャラート・スルターン朝の軍勢を破った。

メーワール王ウダイ・シング2世は皇帝アクバルへの服属を拒否したため、1567年に首都チットールガルを包囲され、翌年2月に首都は陥落した[3][4]。その後、ウダイ・シング2世は首都をウダイプルに遷都して抵抗し、その争いは息子のプラタープ・シングに引き継がれた[5][6]

1605年にアクバルが死亡したのちも抵抗を続けていたが、1614年2月に帝国との間に講和を結んだ[7]。これにより、メーワール王国はその半独立的な地位を認められた[8]

1679年7月、アウラングゼーブがマールワール王国の直轄地化、並びにジズヤを復活したことに抗議して、メーワール王国はマールワール王国とともに反乱を起こした[9]

1680年1月、帝国軍に首都ウダイプル、旧都チットールガルを奪取されたが[10]、翌1681年9月に講和を結んだ。

1818年、メーワール王国はイギリスと軍事保護条約を締結し、イギリスに従属する藩王国となった(ウダイプル藩王国)。

1947年8月15日インド・パキスタン分離独立の際、ウダイプル藩王国はインドへと併合された。

脚注[編集]

  1. ^ チャンドラ『中世インドの歴史』、p.96
  2. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』年表、p.28
  3. ^ 辛島『新版 世界各国史7 南アジア史』、p.273
  4. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.154
  5. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.154
  6. ^ 辛島『新版 世界各国史7 南アジア史』、p.273
  7. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.154
  8. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.199
  9. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』年表、p.
  10. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』年表、p.40

参考文献[編集]

  • 辛島昇 『新版 世界各国史7 南アジア史』 山川出版社、2004年 
  • 小谷汪之 『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』 山川出版社、2007年 
  • サティーシュ・チャンドラ; 小名康之、長島弘訳 『中世インドの歴史』 山川出版社、2001年 
  • ビパン・チャンドラ; 栗原利江訳 『近代インドの歴史』 山川出版社、2001年 

関連項目[編集]