ラヴァト卿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ラヴァト卿の紋章のの部分。

ラヴァト卿 (英語: Lord Lovat, スコットランド・ゲール語: Mac Shimidh)は、スコットランド貴族ロード・オブ・パーラメントラヴァトのフレイザー氏族英語版の族長フレイザー家によって世襲されている。

歴史[編集]

第11代ラヴァト卿サイモン・フレイザー("Memoirs of the Jacobites")

ラヴァトのフレイザー氏族英語版の族長(Chief)ヒュー・フレイザー英語版(生年不詳-1460年頃)が、1457年から1464年にかけてスコットランド貴族爵位ラヴァト卿(Lord Lovat)に叙せられたのに始まる[1][2]

9代卿ヒュー・フレイザー英語版(Hugh Fraser, 1666年–1696年)まで直系の継承が続いたが、9代卿が死去した時、9代卿には女子しか残っていなかった。7代卿ヒュー・フレイザー(Hugh Fraser, 生年不詳-1646年)の四男にあたるトマス・フレイザー英語版(Thomas Fraser, 1636年–1699年)とその息子サイモン・フレイザー(Simon Fraser, 1667年頃–1747年)は、自分たちがラヴァト卿の継承者であると申し立て、9代卿の未亡人アメリア・マリー(Amelia Murray,1666年-1743年)と訴訟で争った(彼女は自分の娘アメリア・フレイザーが継承者だと主張した)。裁判所は1702年12月2日にラヴァト卿位を女性の継承が可能な爵位としてアメリア・フレイザーがラヴァト卿位とその財産の継承者であると判決したが、1730年7月3日には男系男子に限定される爵位として、トマス・フレイザーが10代ラヴァト卿、サイモン・フレイザーが第11代ラヴァト卿であるとする逆転判決を出している[1]

11代卿に認定されたサイモン・フレイザーは陰謀家として著名でしばしばジャコバイトと接触し[3]1740年3月14日には大僭称者ジェームズ・フランシス・エドワード・ステュアートからジャコバイト貴族英語版としてスコットランド貴族「フレイザー公爵(Duke of Fraser)」「 ビューフォート侯爵(Marquess of Beaufort)」「ストラセリック伯爵(Earl of Stratherrick)」「エアード=ストラスグラス子爵(Viscount of the Aird and Strathglass)」「ラヴァト=ボーリュー卿(Lord Lovat and Beaulieu)」に叙せられている[1][4]1745年ジャコバイト蜂起英語版に関与し、1747年貴族院の判決により大逆罪で有罪判決を受け、処刑されている。爵位と所有地も剥奪され、その後100年以上ラヴァト卿位は消滅することになった[1]

4代ラヴァト卿の次男トマス・フレイザー(Thomas Fraser, 1545年-1612年)の雲孫(8代後の子孫)であるトマス・アレグザンダー・フレイザー英語版は、1825年にラヴァト卿位の復元を請求した。1837年1月28日には新規の爵位として連合王国貴族インヴァーネス州におけるラヴァトのラヴァト男爵(Baron Lovat, of Lovat in the County of Inverness)に叙せられ、ついで1854年7月10日の議会法でラヴァト卿の回復が認められた[1][5]

以降2017年現在まで彼の直系によって継承され続けている。2017年現在の当主はサイモン・クリストファー・ジョゼフ・フレイザー英語版(1977-)である[1]。本邸はインヴァネスシャー英語版ビューリー英語版にあるビューフォート・ロッジ(Beaufort Lodge)とバルブレア・ハウス(Balblair House)である。紋章に刻まれるモットーは「用意はできている(Je Suis Prest)」[1]

ラヴァト卿(1457年頃)とラヴァト男爵(1837年)[編集]

家系図[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g Heraldic Media Limited. “Lovat, Lord (S, 1457/64)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2017年11月25日閲覧。
  2. ^ Lundy, Darryl. “Hugh Fraser, 1st Lord (Fraser of) Lovat” (英語). thepeerage.com. 2017年12月2日閲覧。
  3. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 267.
  4. ^ Lundy, Darryl. “Simon Fraser, 11th Lord (Fraser of) Lovat” (英語). thepeerage.com. 2017年12月2日閲覧。
  5. ^ Lundy, Darryl. “Thomas Alexander Fraser, 12th Lord (Fraser of) Lovat” (英語). thepeerage.com. 2017年12月2日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]