ランカイ屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ランカイ屋とは、明治時代に徐々に表れ始め、大正時代以降に本格的に活動した博覧会を取り仕切った企業及び個人のことである。覧会屋。現在では、テントを張って営業をするテキヤ業や、あるいはテントを使った催事場の建設・演出をする業者を指すこともある。

概要[編集]

ランカイ屋は、近代において博覧会の専門業者として活動した。もともと、明治時代にも博覧会が開かれていたため、ランカイ屋の原型ともいえる一群がいたが、明治時代には博覧会の回数が少なく、活躍は限られていた。博覧会の主催者として百貨店や鉄道関係の会社、新聞社が次々と主催するようになった大正時代以降に、実際に博覧会の演出を行う一群として活動し始めた。ランカイ屋の一人であった中村童二は、ランカイ屋の種類を次の四つに分けている。

  • 各地の博覧会事務局を訪ねて、企画や宣伝の段取りをこなす者。内外の事情に通じていて、工事関係者にも顔が利く。
  • 現場の工事を請け負う、装飾・建設関係の会社関係
  • ふとしたきっかけで博覧会にかかわり、博覧会を追いかけて建設・装飾関係の会社のもとで働くようになったとび職などの職人たち
  • 会場内で見世物を行う香具師棟割長屋の売店を借りて商売する人たち

ランカイ屋はこのような一群の下で大正期から昭和時代まで活動を続けていた。しかし、高度経済成長期を迎えるころには大阪万博に象徴されるように演出を行うのは広告業者や、大手の企業に移り、ランカイ屋は徐々に姿を消していった。

主なランカイ屋[編集]

主なランカイ屋企業[編集]

参考文献[編集]