ラナ・バハドゥル・シャハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラナ・バハドゥル・シャハ
Rana Bahadur Shah
ネパール王
Rana Bahadur Shah.jpg
ラナ・バハドゥル・シャハ
在位 1777年 - 1799年
戴冠 1778年1月
出生 1775年5月25日
カトマンズハヌマン・ドーカ宮殿
死去 1806年4月25日
カトマンズハヌマン・ドーカ宮殿
配偶者 カンティワティー・デビー
  ほか
子女 ギルバン・ユッダ・ビクラム・シャハ
ほか
王朝 ゴルカ朝
父親 プラタープ・シンハ・シャハ
母親 ラジェンドラ・ラージャ・ラクシュミー・デビー
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

ラナ・バハドゥル・シャハ(Rana Bahadur Shah, 1775年5月25日 - 1806年4月25日)は、ネパール王国の第3代君主(在位:1777年 - 1799年)。父は第2代君主プラタープ・シンハ・シャハ

生涯[編集]

1775年5月25日、ネパール王プラタープ・シンハ・シャハの息子として生まれた[1]

1777年11月17日、父王プラタープ・シンハ・シャハの崩御に伴い、2歳で即位[2][3]。母親ラジェンドラ・ラクシュミー皇太后が摂政を務めるが、1785年に死去。

その後、叔父バハドゥル・シャハが摂政となる。この期間、二四諸国を次々に制圧、ガルワール地方クマーウーン地方に進出し、領土を拡大した[4]

1799年、溺愛する内妃の生んだカンティワティーの生んだ幼い息子のギルバン・ユッダ・ビクラム・シャハに位を譲り、出家して禁欲主義者となる[5][6]。 だが、この譲位は嫡子を差し置いての譲位であったため反対が多く、重臣ら95名に譲位を認める起請文を書かせたうえ、その戴冠式にはパルパプリトヴィーパーラ・セーナも招待した[7]

1804年に計略でパルパを制圧し、ネパールを統一した。その後、アマル・シンハ・タパの軍がガルワール、デラドゥンを制圧し、1805年以降はサトレジ川にまで進撃した[8]

1806年2月、ギルバン・ユッダにムクティヤール(執権)に任命されたが、4月25日に弟のシェール・バハドゥル・シャハに刺殺される[9][10]

脚注[編集]

  1. ^ Nepal 6
  2. ^ Nepal 6
  3. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.503
  4. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.504
  5. ^ Nepal 6
  6. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.507
  7. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.507
  8. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.507
  9. ^ Nepal 6
  10. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.511

参考文献[編集]

  • 佐伯和彦 『世界歴史叢書 ネパール全史』 明石書店、2003年 

関連項目[編集]