ラッキンコーヒー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラッキンコーヒー東直門駅

ラッキンコーヒー(英:Luckin Coffee)は、中華人民共和国発祥の喫茶店コーヒーチェーン店。中国表記では瑞幸珈琲。本部は創業時の北京市から福建省厦門市へ移転している。

ラッキンコーヒーは2017年創業。2018年1月に北京に1号店をオープンして以来、短期間で急成長。2020年5月12日までの店舗総数は6,912店に達している[1]。店舗数でスターバックスを上回っていることもあり、「中国のスタバ」と呼ばれている[2]。2019年5月には、中国国内で活動する企業ながらナスダックへ上場し、アメリカでの資金調達を本格化させた。

店舗の特徴[編集]

大通りに面した大型店も存在するが、多くは他の商業ビルなどの中に入る数席程度の小型店舗。注文と会計は専用アプリケーションで行うこととなっている。メニューは、コーヒーのほかパン類の軽食をそろえる。自社による配達にも対応している[3]

粉飾決算[編集]

2020年4月2日、ラッキンコーヒーは2019年第2四半期から第4四半期にかけて、22億元(約339億円)の売上を水増ししていたことを発表した。同社は内部調査を開始し[4]、5月12日までに銭治亜CEOと劉剣COOを解任した[5]

2020年5月19日、ラッキンコーヒーは、ナスダックから上場廃止の通告を受けたことを明らかにした[6]

2020年6月、ナスダックでの上場廃止[7]

2022年4月12日、ラッキンコーヒーは債務再編を完了し米国連邦倒産法第15章を終了。これにより破産、破産手続きの対象から外れた[8]

脚注[編集]

  1. ^ 粉飾決算のラッキン、出店攻勢を継続”. NNA (2020年5月20日). 2020年5月14日閲覧。
  2. ^ 「中国のスタバ」ラッキンコーヒーが粉飾決算 損害賠償は1兆円以上か”. 大紀元 (2020年4月4日). 2020年5月14日閲覧。
  3. ^ スタバを脅かす「ラッキンコーヒー」に日本人が学ぶべき教訓”. 日経X-TREND (2020年1月28日). 2020年5月14日閲覧。
  4. ^ 不正会計で株価急落のラッキンコーヒー、破産宣告の可能性”. Forbes (2020年4月7日). 2020年5月14日閲覧。
  5. ^ 中国ラッキンコーヒーがCEOとCOOを解任”. 日経ビジネス (2020年5月13日). 2020年5月14日閲覧。
  6. ^ 中国ラッキンコーヒー、ナスダックが上場廃止を通達”. ロイター通信 (2020年5月20日). 2020年5月14日閲覧。
  7. ^ 中国でスタバより多いコーヒーチェーン、中国SNSで話題に”. excite. 2022年4月15日閲覧。
  8. ^ 不正会計から復活、Luckin Coffee 21年売上高97.5%増 店舗数はスターバックスを抜き中国最多に”. 36Kr Japan. 2022年4月15日閲覧。

脚註[編集]

  • 公式ウェブサイト
  • Luckin COffeeのビジネスデータ: