ラッキンコーヒー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラッキンコーヒー(英:Luckin Coffee)は、中華人民共和国発祥の喫茶店コーヒーチェーン店。中国表記では瑞幸珈琲。本部は創業時の北京市から福建省厦門市へ移転している。

ラッキンコーヒーは2017年創業。2018年1月に北京に1号店をオープンして以来、短期間で急成長。2020年5月12日までの店舗総数は6,912店に達している[1]。店舗数でスターバックスを上回っていることもあり、「中国のスタバ」と呼ばれている[2]。2019年5月には、中国国内で活動する企業ながらナスダックへ上場し、アメリカでの資金調達を本格化させた。

店舗の特徴[編集]

大通りに面した大型店も存在するが、多くは他の商業ビルなどの中に入る数席程度の小型店舗。注文と会計は専用アプリケーションで行うこととなっている。メニューは、コーヒーのほかパン類の軽食をそろえる。自社による配達にも対応している[3]

粉飾決算の発覚[編集]

2020年4月2日、ラッキンコーヒーは2019年第2四半期から第4四半期にかけて、22億元(約339億円)の売上を水増ししていたことを発表した。同社は内部調査を開始し[4]、5月12日までに銭治亜CEOと劉剣COOを解任した[5]

2020年5月19日、ラッキンコーヒーは、ナスダックから上場廃止の通告を受けたことを明らかにした。ラッキンコーヒー側は、ナスダックのヒアリング委員会に対し上場廃止に反対する立場を伝えるとしている。委員会の聴取が終了するまでは上場の継続が認められる見通し[6]

米国における中国企業排除法案との関連[編集]

2020年5月20日、アメリカ合衆国上院は、ジョン・ケネディ議員らが提出した、中国企業によるアメリカ証券取引所への株式上場を困難にする法案を全会一致で可決した。同月には下院でもブラッド・シャーマン議員が同様の法案を提出。声明の中で、ラッキンコーヒーの会計不祥事に触れ、法案があればアメリカの株主は多額の損失を回避できていたと指摘した[7]

脚注[編集]

  1. ^ 粉飾決算のラッキン、出店攻勢を継続”. NNA (2020年5月20日). 2020年5月14日閲覧。
  2. ^ 「中国のスタバ」ラッキンコーヒーが粉飾決算 損害賠償は1兆円以上か”. 大紀元 (2020年4月4日). 2020年5月14日閲覧。
  3. ^ スタバを脅かす「ラッキンコーヒー」に日本人が学ぶべき教訓”. 日経X-TREND (2020年1月28日). 2020年5月14日閲覧。
  4. ^ 不正会計で株価急落のラッキンコーヒー、破産宣告の可能性”. Forbes (2020年4月7日). 2020年5月14日閲覧。
  5. ^ 中国ラッキンコーヒーがCEOとCOOを解任”. 日経ビジネス (2020年5月13日). 2020年5月14日閲覧。
  6. ^ 中国ラッキンコーヒー、ナスダックが上場廃止を通達”. ロイター通信 (2020年5月20日). 2020年5月14日閲覧。
  7. ^ 中国企業の米国上場困難に 米上院、全会一致で法案可決”. SANKEI Biz (2020年5月22日). 2020年5月22日閲覧。

脚註[編集]

  • 公式ウェブサイト
  • Luckin COffeeのビジネスデータ: