ラジェンドラ・ビクラム・シャハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラジェンドラ・ビクラム・シャハ
Rajendra Bikram Shah
ネパール王
King Rajendra Bikram Shah Deva.jpg
ラジェンドラ・ビクラム・シャハ
在位 1816年 - 1847年
戴冠 1816年11月20日
出生 1813年12月3日
カトマンズハヌマン・ドーカ宮殿
死去 1881年7月10日
バクタプル
配偶者 サムラージャ・ラクシュミー・デビー
  ラージャ・ラクシュミー・デビー
子女 スレンドラ・ビクラム・シャハ
王朝 ゴルカ朝
父親 ギルバン・ユッダ・ビクラム・シャハ
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

ラジェンドラ・ビクラム・シャハ(Rajendra Bikram Shah、1813年12月3日 - 1881年7月10日)は、ネパール王国の第5代君主(在位:1816年 - 1847年)。

生涯[編集]

1813年12月3日ギルバン・ユッダ・ビクラム・シャハの息子として生まれた[1]

1816年、父王のギルバン・ユッダの死去により、3歳で即位する[2]

1842年、皇太子スレンドラの素行不良を理由にカトマンズで人々が決起し、その統治権停止を要求し、困惑したラジェンドラは第二正妃ラージャ・ラクシュミー・デビーに全権を委任した[3]。ここから実に数年にわたる権力闘争が始まったが、王はその間無力な存在であった。

1846年王宮大虐殺事件により実権をジャンガ・バハドゥル・クンワルに奪われ、第二正妃とともにインドに亡命を余儀なくされる[4]。クンワルは姓をラナと変え、その子孫は代々宰相としてネパールを支配し、ゴルカ朝1951年までの104年間に渡り実権を失う(ラナ家の支配[5]

1847年、ジャンガ・バハドゥル打倒の兵をあげたが、その軍勢は打ち破られ、ラジェンドラは逮捕された。その後、彼はバクタプルに投獄され、生涯をそこで過ごした。一時はカトマンズのハヌマン・ドーカ宮殿にもうつされた[6]

1881年7月10日、ラジェンドラはバクタプルで死亡した[7]

脚注[編集]

  1. ^ Nepal 7
  2. ^ Nepal 7
  3. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.534
  4. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.542
  5. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.611
  6. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.543
  7. ^ Nepal 7

参考文献[編集]

  • 佐伯和彦 『世界歴史叢書 ネパール全史』 明石書店、2003年 

関連項目[編集]