ラオパサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ラォパサ
  • ラウパサ
  • テロック・エア・マーケット
  • テロック・アヤー・マーケット
ラオパサ
Lau Pa Sat
Lau Pa Sat.JPG
概要
所在地 18 ラッフルズ・キー
シンガポールの旗 シンガポール共和国
座標 北緯1度16分50秒 東経103度51分01秒 / 北緯1.280629度 東経103.850396度 / 1.280629; 103.850396座標: 北緯1度16分50秒 東経103度51分01秒 / 北緯1.280629度 東経103.850396度 / 1.280629; 103.850396
完成 1894年3月1日 (128年前) (1894-03-01)
管理機関 国家遺産局英語版
登録日1973年6月28日 (49年前) (1973-06-28)
テンプレートを表示
上空から見たラオパサ

ラオパサ: Lau Pa Sat)、または、テロック・アヤ・マーケット: Telok Ayer Market)とは、シンガポールセントラル・エリア英語版内、ダウンタウン・コア英語版に所在する歴史的建造物である。1824年に植民地時代初期のシンガポールにおけるウォーターフロントの魚市場として建設された後、1838年に再建された。その後、1894年に現在の場所へ移転し、現在は郷土料理を提供するフードコートの屋台が立ち並んでいる。

語源[編集]

テロック・アヤ・マーケット(マレー語: Pasar Telok Ayer中国語: 直落亚逸巴刹)は、テロック・アヤ・ベイにちなみ名付けられた。マレー語の「テロック・アヤ(Telok Ayer)」は「湾の水」を意味し、1879年に埋め立て工事が開始されるまで、テロック・アヤ・ストリート英語版は、湾に沿って敷設された海岸道路であった[1]

ラオパサ(中国語: 老巴刹拼音: Lǎo Bāshā)は、中国語のシンガポール方言で「古い市場」を指す言葉である。Lau)は古いことを示し、巴刹Pa Sat)は、ペルシア語からの借用語でマレー語ではPasarと綴る、バザールを指す言葉の閩南語表記である。テロック・アヤ・マーケットは、シンガポールで最も古い市場の1つであり、エレンボロー・ストリート沿いにエレンボローマーケットと呼ばれる新たな市場が建設され、地元の人々から「新しい市場」(: Sin Pa Satマレー語: Pasar Baru)として有名となったことから、対照的に「古い市場」を指すラオパサという名称が定着した[2][3]

歴史[編集]

1847年、ジョン・ターンブル・トムソンによる古いテロック・アヤ・マーケットの絵画

シンガポールで最初の市場となる魚市場は、マーケットストリートの北端に近い、シンガポール川の南岸に位置していた。1822年11月4日にトーマス・ラッフルズ都市開発計画により、魚市場のテロック・アヤへの移転が指示された[4]

1823年、警察署長フランシス・ジェームズ・バーナードの監督の下、テロック・アヤ・ベイのマーケットストリートの南端において、テロック・アヤ・マーケットの建設が始まった。市場は木材とニッパヤシで建設され、1824年にオープンした[4]

市場は、一部が海へ突き出した桟橋を持つ構造で、廃棄物を海へ投機したり、水産物をボートから直接積み降ろしすることが可能な構造となっていた[5]。しかし、完成した建物は、基礎に使用された杭の強度不足が判明し、交換を行う必要が生じるなどの構造的な欠陥を抱えていた。ニッパヤシで作られた屋根も、火災の法規制により、後に瓦に置き換えられた。ところが、今度は瓦の重量を支え切れないため、建物が崩壊の危機に瀕し、1827年には法規制を無視して、ニッパヤシに戻さなければならなかった。こうして改修を重ねてはいたものの、1830年には「非常に危険な状態」にあると判断され、使用が禁止された[6]

1836年、建築家ジョージ・ドラムグール・コールマン英語版により、同じ場所に新たな市場の建設が開始され、1838年に完成した[4]。エントランスに装飾されたを備えた、八角形の建物で、旧市場の2倍の面積を持ち、建物の内部と外部にドラムと呼ばれる円筒状の部分が構成され、外側のドラムのコロネードは市場を日差しや雨から守りつつ、光を取り込む構造であった[7]。しかし、新たな建物もモンスーンや海に晒される環境により、建設直後より安全性が危惧され、以前の建物と同様に修復が必要となった[4]。1841年、建築請負業者デニス・マクスウィニーの監督の下、建物の片側を拡張、細長いオープンシェッドが増築され、新たな魚市場が建設された。その後も増築を重ね、八角形の建物を構成する2つの壁から、ほぼ平行に伸びる形となった。この構造は、建物の東に面する海からのうねりや波しぶきから、市場の主要な建物を守る防波堤として機能し[4]、長年にわたる安全性への懸念にも関わらず[7]、都市開発により取り壊されるまでの40年余り、市場として機能し続けた[8]

移転[編集]

テロック・アヤ・マーケットの時計塔

1879年、現在のロビンソン・ロード英語版周辺の土地開発のため、テロック・アヤ・ベイの埋め立てが始まり、工事への支障があったため市場は移転を余儀なくされた[9][10]。1890年に現在の場所が割り当てられ、新たな市場の建設が進められた。1894年3月1日、市場の完成が認められ、マーケットストリートが新しい市場まで延伸された[4]。新しい建物は、都市技術者であるジェームズ・マクリッチ英語版によって設計され、建築面積は55,000平方フィートに及んだ。建物のデザインは、以前のイメージを残すため、コールマンが設計した八角形のデザインを取り入れ、建物を支える柱には、1868年に建設されたカベナ橋英語版でも使用した、グラスゴーのP&Wマクレラン社製の鋳鉄が採用された[4][10]。また、屋根の中心には時計塔が建設され、その直下に当たる市場の中心部分には鋳鉄製の噴水が設置された。

ラッフルズ・ホテルのパームガーデン中央にある鋳鉄製の噴水。元々はテロック・アヤ・マーケットの中心に設置されていた。

この噴水は、1902年にオーチャード・ロード・マーケットの近くへ移設され[11]、その後、1930年にカトン英語版のグランドホテルに移され[12]、解体された後、公の場から姿を消したものの、1989年にラッフルズ・ホテルの修繕担当者が発見、復元し、ラッフルズ・ホテルのパームガーデンの象徴となっている[11][13]

ホーカーセンター[編集]

1970年代初頭には、テロック・アヤ・マーケットの周辺は、ラッフルズ・プレイスをはじめとする、シンガポールの主要な商業、金融地域が形成され、ウェットマーケット英語版には適さない地域だと見なされるようになり[注 1]、1972年にホーカーセンターへと用途が転換されることとなった[5]。また、翌年の1973年6月28日、テロック・アヤ・マーケットの建造物は、その歴史的、建築的な価値から国定記念物として公示された[15]

1986年、マス・ラピット・ドランジットのトンネル工事のため、一時的に解体され[16]、再建後の1989年にフェスティバル・マーケットとして再開するとともに、正式名称を「ラオパサ」へと変更した[11]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ウェットマーケットは、溶けた氷や洗い流す水で濡れた市場の床に由来し、主に東南アジアの生鮮食料品市場を指す用語である[14]

出典[編集]

  1. ^ Victor R Savage, Brenda S A Yeoh (2003) (英語). Toponymics - A Study of Singapore Street Names. Eastern Universities Press. pp. 67, 378. ISBN 981-210-205-1. https://books.google.com/books?id=DTOJAAAAQBAJ&pg=PA378 
  2. ^ Victor R Savage, Brenda S A Yeoh (2003) (英語). Toponymics - A Study of Singapore Street Names. Eastern Universities Press. pp. 112–113. ISBN 981-210-205-1. https://books.google.com/books?id=DTOJAAAAQBAJ&pg=PA113&lpg=PA113 
  3. ^ Wan Meng Hao (英語). Heritage Places of Singapore. Cavendish Square Publishing. p. 26. ISBN 9789814312950. https://books.google.com/books?id=3taIAAAAQBAJ&pg=PA26&lpg=PA26 
  4. ^ a b c d e f g Kip Lin Lee (1983) (英語). Telok Ayer market: a historical account of the market from the founding of the settlement of Singapore to the present time. Archives & Oral History Dept., Singapore. ISBN 9971990806 
  5. ^ a b (英語) Singapore's 100 Historic Places. Archipelago Press. (2002). pp. 44–45. ISBN 981-4068-23-3 
  6. ^ Gretchen Liu (27 April 2001) (英語). Singapore: A Pictorial History, 1819-2000. Routledge. pp. 48–49. ISBN 978-0700715848. https://books.google.com/books?id=a0iCi4vkzesC&pg=PA48&lpg=PA48 
  7. ^ a b Jane Beamish; Jane Ferguson (1 December 1985) (英語). A History of Singapore Architecture: The Making of a City. Graham Brash (Pte.) Ltd.. pp. 44–45. ISBN 978-9971947972. https://books.google.com/books/about/A_History_of_Singapore_Architecture.html?id=9QpQAAAAMAAJ&redir_esc=y 
  8. ^ Preservation of Monuments Board: "Former Telok Ayer Market (now Lau Pa Sat)"” (英語). Preservation of Monuments Board. 2012年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月15日閲覧。
  9. ^ Robinson Road” (英語). Singapore Infopedia. National Library Board. 2021年11月16日閲覧。
  10. ^ a b Wan Meng Hao (英語). Heritage Places of Singapore. Cavendish Square Publishing. p. 24. ISBN 9789814312950. https://books.google.com/books?id=3taIAAAAQBAJ&pg=PA24&lpg=PA24 
  11. ^ a b c Former Telok Ayer Market (now known as Lau Pa Sat)” (英語). Roots. National Heritage Board. 2019年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月16日閲覧。
  12. ^ Facilities” (英語). Raffles Hotel. 2017年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月16日閲覧。
  13. ^ Singapore’s Iconic Fountains of Dreams” (英語). Remember Singapore (2014年10月26日). 2021年11月16日閲覧。
  14. ^ Tan, Alvin (2013) (英語). Wet Markets. Community Heritage Series. II. Singapore: National Heritage Board. p. 3. オリジナルの22 February 2020時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200222134035/https://www.nhb.gov.sg/%7E/media/nhb/files/resources/publications/ebooks/nhb_ebook_wet_markets.pdf 2020年4月10日閲覧。 
  15. ^ Victor R Savage; Brenda Yeoh (2013) (英語). Singapore Street Names: A Study of Toponymics. Marshall Cavendish International Asia Pte Ltd. p. 379. ISBN 9789814484749. https://books.google.co.jp/books?id=DTOJAAAAQBAJ&pg=PA379&lpg=PA379&dq=Telok+Ayer+market+gazetted&source=bl&ots=yX9uzrPfsx&sig=ACfU3U0cdRfjUCK3hq_w5T0h75VQyLgXZQ&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwj31reCrJ70AhVisVYBHZ6PBwEQ6AF6BAgTEAM#v=onepage&q=Telok%20Ayer%20market%20gazetted&f=false 
  16. ^ Khew, Carolyn (2016年12月22日). “Lau Pa Sat: Old market that was rebuilt into a food paradise” (英語). The Strait Times. http://www.straitstimes.com/singapore/old-market-that-was-rebuilt-into-a-food-paradise