ライジン×ライジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ライジン×ライジン
RISING×RYDEEN
ジャンル アクション
小説
著者 初美陽一
イラスト パルプピロシ
出版社 KADOKAWA 富士見書房
レーベル ファンタジア文庫
刊行期間 2012年1月20日 - 2014年9月20日
巻数 全9巻
漫画
原作・原案など 初美陽一(原作)
パルプピロシ(キャラクター原案)
作画 福原蓮士
出版社 KADOKAWA 富士見書房
掲載誌 月刊ドラゴンエイジ
レーベル ドラゴンコミックスエイジ
発表号 2012年6月号 - 2014年12月号
巻数 全6巻
テンプレート - ノート

ライジン×ライジン』は初美陽一による日本ライトノベルイラストパルプピロシが担当。第23回ファンタジア大賞及び読者賞を受賞した[1]富士見ファンタジア文庫富士見書房)より2012年1月に刊行されている。全9巻。 コミカライズ板はパンチラなどの性描写が非常に多い。

あらすじ[編集]

異能を持つ人間「ストレンジャー」が現れるようになった世界。異能に憧れるイタい少年・下野根隆良も高校入学から間もなくして異能に目覚めるが、その能力はとてつもなく役に立たないものだった。さらに監視役として現れたのは、かつての幼馴染であり、現在は政府公認ストレンジャーとなった雷轟魅神だった。

登場人物[編集]

下野根 隆良(しものね たから)
本作の主人公。高校1年。妄想が激しい目立ちたがり屋。
異能は「白濁したゲルを全身から出す」。当初の評価は最低のEランクだったが、ゲルと隆良の身体が電気への強い耐性を有していることが魅神との勝負の際に判明し、Dランクに上がった。出したゲルは速度は遅いものの、隆良の意思で動かすことができる。
雷轟 魅神(らいごう みかん)
本作のヒロイン。隆良の幼馴染で、幼少期から覚醒していた能力のせいで「電動ミカン」と呼ばれからかわれていた。その後転校により隆良と別れるが、彼の覚醒に伴い監視役として転入、再会する。
異能は「雷を操る」。手足を雷に変化させる他、周囲に電撃を放つことができる。幼少期は指先程度しか変化しなかったが、成長の結果現在はAランク判定を受けるまでに強化されている。
アリア・来武(くるむ)・エリノア・ヴァルター
政府公認のストレンジャー対策課研究室室長。18歳。
焔熾 夜侘(ほむらおこし よわび)
13歳。軽度の中二病
異能は「炎を起こす」。当初は指先にライターと同程度の炎を発生させるだけだったが、氷莉の能力により「右目で見た場所に強い炎を発生させる」Aランク相当の威力に強化された。
水仙花 沙凪(すいせんか さなぎ)
「中の中」の財閥のお嬢様。世間知らずで、物事を色々と間違って覚えている。他の誰もが気持ち悪がっている隆良のゲルに対しても、むしろ自分から浴びに行く。
異能は「虫を操る」。虫であれば何でも効果対象だが、視界に入っており、かつ一度に1匹という制約があるため、Cランクの判定を受けている。
藍玉 氷莉(らんぎょく こおり)
ストレンジャーの少女。極度なまでの面倒くさがり屋。
異能は「物体を凍らせる」。物質だけでなく、人間の精神を凍らせ覚醒を促したり、記憶を凍結することもできる。
かつて隆良と会っているが、ある理由からその記憶を凍結している。
葛代 瑠璃花(くずしろ るりか)
隆良達のチームに途中加入したストレンジャーの少女。元人気アイドル歌手。
異能は「右手で触れたものの時間を5分間巻き戻す」。再使用のためにはさらに5分以上のインターバルが必要になり、怪我の治療など応用しづらいため、Bランクの判定を受けている。
親をアウトローの手により失っており、それゆえにアウトローを問答無用で裁く燈矢に与している。
王真 燈矢(おうま とうや)
アウトローに私刑を下す元政府公認ストレンジャーの少年。
異能は「爆発するダーツを生成する」。

ストレンジャー[編集]

作中の異能力者のこと。ランク付がされており隆良は最低ランクのEを判定されている。ランクが高いほど能力も強くなるが、同時に肉体にかかる負担などのリスクも増大する。
異能を用いて犯罪行為を行う「アウトロー」と、それらを取り締まる政府公認のストレンジャーが存在する。

漫画[編集]

月刊ドラゴンエイジ』2012年6月号から2014年12月号まで連載された。作画は福原蓮士

原作に沿ったストーリーとなっている。

既刊一覧[編集]

原作
初美陽一(著)、富士見書房富士見ファンタジア文庫〉、全9巻
  1. 2012年1月20日発行、ISBN 978-4-8291-3725-3
  2. 2012年4月20日発行、ISBN 978-4-8291-3756-7
  3. 2012年8月17日発行、ISBN 978-4-8291-3797-0
  4. 2012年12月25日発行、ISBN 978-4-8291-3837-3
  5. 2013年4月20日発行、ISBN 978-4-8291-3884-7
  6. 2013年8月20日発行、ISBN 978-4-8291-3927-1
  7. 2014年1月20日発行、ISBN 978-4-04-070009-0
  8. 2014年5月20日発行、ISBN 978-4-04-070117-2
  9. 2014年9月20日発行、ISBN 978-4-04-070333-6
電子応援店限定版の電子書籍の最終巻には文庫未収録のドラゴンマガジン2012年3月号掲載の短編も所収されている。
また、電子書籍の合本にはカラーイラストコレクションが収録されている。
漫画
福原蓮士(著)、富士見書房〈ドラゴンコミックスエイジ〉、全6巻
  1. 2012年9月6日発行、ISBN 978-4-04-712829-3
  2. 2013年3月6日発行、ISBN 978-4-04-712862-0
  3. 2013年8月6日発行、ISBN 978-4-04-712892-7
  4. 2014年2月8日発行、ISBN 978-4-04-070025-0
  5. 2014年7月9日発行、ISBN 978-4-04-070183-7
  6. 2014年12月9日発行、ISBN 978-4-04-070184-4
電子書籍の最終巻にはコミックス未収録の特別なイラストを収録している。

脚注[編集]

  1. ^ 富士見書房|第23回 ファンタジア大賞 Archived 2013年3月20日, at the Wayback Machine.2012年1月29日閲覧

外部リンク[編集]