ヨハン・ヒエロニムス・クニフォフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ヨハン・ヒエロニムス・クニフォフ(Johann Hieronymus Kniphof、1704年2月24日 - 1763年1月23日)はドイツの医師植物学者である。植物標本集、"Botanica in Originali, seu Herbarium Vivum"の著者として知られる。

略歴[編集]

エルフルトで生まれた。イェナ大学エルフルト大学で医学を学び、エルフルト大学で働いた。1732年にドイツ自然科学アカデミー・レオポルディーナの会員に選ばれ、1737年にエルフルト大学の教授となり、1747年には医学部長となった。1761年から彼の死まで、エルフルト大学の学長を務めた。

主著の"Botanica in Originali"の初版は1733年に出版され、1747年、1758年に改訂増補版が出版された。リンネの命名法で分類され、図版は、エルフルトの印刷業者、フンケ(Johann Michael Funcke)と開発した、"Naturselbstdruck"と呼ばれる植物標本から直接版を作る技法で作られた。この技法の詳細は伝わっていない。

ススキノキ科の属名、Kniphofiaに献名されている。

クニフォフの著作は江戸末期の日本に伝わり「キニーホフ植物図譜」として宇田川榕庵によって手写され、「印葉図」は伊藤圭介水谷豊文によって作られた[1]

"Botanica in Originali"の図版[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 『洋学史事典』 日蘭学会学術叢書
Kniph.は、植物の学名命名者を示す場合にヨハン・ヒエロニムス・クニフォフを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)