ユナイテッド・フューチャー・オーガニゼイション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ユナイテッド・フューチャー・オーガニゼイション
別名 U.F.O.
出身地 日本の旗 日本
ジャンル アシッドジャズ 
活動期間 1990年 -
レーベル Talkin' Loud
Brownswood Records
Verve
公式サイト http://www.united-future-organization.com/
メンバー 矢部直
ラファエル・セバーグ
旧メンバー 松浦俊夫

ユナイテッド・フューチャー・オーガニゼイション(United Future Organization,U.F.O.)は、日本のクラブシーンにおいてジャズを選曲するDJのパイオニア。1990年、矢部直ラファエル・セバーグ(Raphael Sebbag)、松浦俊夫により結成された。2002年に松浦俊夫が脱退。

略歴[編集]

1991年、東京のクラブにてジャズファンクボサノヴァ等を選曲したイベント「Jazzin'」が始まる。同年にハンク・モブレーの「Recado Bossa Nova」やホレス・パーランの「Congalegre」をサンプリングしたデビュー・シングル「I Love My Baby (My Baby Loves Jazz)」が、イギリスの黒人音楽誌"Echoes Magazine"のジャズ・チャートにおいて第5位を記録。

1992年にリリースした2ndシングル「Loud Minority」は、前述のジャズ・チャートにて第1位を記録した。また、「Loud Minority」は、イギリスの音楽誌"Straight No Chaser"にてプラネット・ジャズ・アワードを受賞。のちにフォード社のCMに使用された。

1993年ジャイルス・ピーターソンが主宰するレーベル"Talkin' Loud"と契約し、1stアルバム「United Future Organization」を世界29ヵ国でリリースした。

1994年には、アメリカの名門レーベル"Verve"と契約し、2ndアルバム「No Sound Is Too Taboo」をリリース。シングル「Stolen Moments」はジャズのアーティストが参加したオムニバス・アルバム「Red Hot+Cool」にも収録された。モントルー・ジャズ・フェスティバルグラストンベリー・フェスティバルに出演するなど世界ツアーを敢行している。DJとしての選曲活動に留まらず、パリ・コレクションにおける山本耀司のファッションショーの選曲も手掛けた。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • Jazzin' (1992)
  • United Future Organization (1993)
  • No Sound Is Too Taboo (1994)
  • 3rd Perspective (1996)
  • Bon Voyage (1999)
  • V(five) (2002)

出典・参考文献[編集]

外部リンク[編集]