モーリーの定理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モーリーの定理

モーリーの定理とは、三角形に関する幾何学の定理である。1899年にアメリカの数学者フランク・モーリー英語版によって証明された。

概要[編集]

任意の三角形においてそれぞれの内角の三等分線を引く。各辺に近い線同士の交点を P, Q, R とすると、三角形PQR は正三角形になる。この正三角形をモーリーの三角形という。

内角の三等分線の他に外角の三等分線などでも同様に正三角形を作ることができる。

証明[編集]

Morley theorem.png

モーリーの定理にはいくつかの証明があるが、その多くが簡単ではない。多くの証明法が、最初に正三角形を定義し、その正三角形の頂点が三等分線の交点上にあることを示すものである。

証明の例[編集]

ここでは、三角関数を利用した証明を挙げる。

a, b, c を以下のように定義する。

なので

a + b + c = 60

計算を簡単にするために外接円の半径を1とおくと、3辺の長さは

  • AB = 2 sin(3c)
  • BC = 2 sin(3a)
  • AC = 2 sin(3b)

となる。

三角形 BPC に正弦定理を適用すると、

sin(3a) を以下のように変形する。

この式を上の BP の式に代入すると

BP = 8 sin(a) sin(c) sin(60+a)

となる。同様に、

BR = 8 sin(a) sin(c) sin(60+c)

三角形 BPR に余弦定理を適用すると

PR2 = BP2 + BR2 - 2BPBRcos(b)

この式に上で得た BP, BR の値を代入すると

PR2 = 64 sin2(a) sin2(c) (sin2(60+a) + sin2(60+c) - 2 sin(60+a) sin(60+c) cos(b))

ここで (60+a)+(60+c)+b=120+(a+b+c)=180 である。3つの角が (60+a), (60+c), b の三角形に正弦定理と余弦定理を適用すると、

sin2(b) = sin2(60+a) + sin2(60+c) - 2 sin(60+a) sin(60+c) cos(b)

よって、

PR = 8sin(a)sin(b)sin(c)

同様に

PQ = 8sin(b)sin(a)sin(c)
QR = 8sin(a)sin(c)sin(b)

これより

PR = PQ = QR

となり、3辺が等しいことが示された。