正弦定理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

正弦定理(せいげんていり、law of sines)とは三角形の内角の正弦(サイン)とその対辺の長さの関係を示したものである。正弦法則ともいう。多くの場合、平面三角法における定理を指すが、球面三角法などでも類似の定理が知られており、同じように正弦定理と呼ばれている。

概要[編集]

△ABC において、BC = a, CA = b, AB = c, 外接円の半径を R とすると、

が成り立つという定理である。これより一辺とその両端の角から他の二辺が分かり、三角測量の基礎となっている定理である。

これは A, B, C に関して対等な表現であるから、その内の1つだけを取り出した

あるいは a = 2R sin A

を正弦定理であると表現することもできる。

証明[編集]

以下の証明では角度弧度法で表している。なお π = 180° である。

0 < ∠A < π2 のとき
Law of sines 1.png

直径 BD を取る。

円周角の定理より ∠A = ∠D

△BDC において、BD は直径だから、

よって、正弦の定義より、

ゆえに

変形すると

が得られる。∠B, ∠C についても同様に示される。

∠A = π2 のとき
Law of sines 2.png

BC = a = 2R であり、

であるから、

は成り立つ。


π2 < ∠A < π のとき
Law of sines 3.png

直径 BD を取る。

円に内接する四角形の性質から、

つまり、

となる。 BD は直径だから、

よって、正弦の定義より、

変形すると

が得られる。∠B, ∠C についても同様に示される。

以上より正弦定理が成り立つ。

また、逆に正弦定理を仮定すると、「円周角の定理」、「内接四角形の定理」(円に内接する四角形の対角の和は 180° 度であるという定理)を導くことができる。

球面三角法における正弦定理[編集]

球面上の三角形 ABC において、弧 BC, CA, AB の長さを球の半径で割ったものをそれぞれ a, b, c とすると、

が成り立つ。これを球面三角法における正弦定理と呼ぶ。

関連項目[編集]