モロゴロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モロゴロ
Morogoro
位置
モロゴロの位置(タンザニア内)
モロゴロ
モロゴロ
モロゴロ (タンザニア)
モロゴロの位置(アフリカ内)
モロゴロ
モロゴロ
モロゴロ (アフリカ)
座標 : 南緯6度49分27秒 東経37度39分48秒 / 南緯6.82417度 東経37.66333度 / -6.82417; 37.66333
行政
タンザニアの旗 タンザニア
  モロゴロ州
 県 モロゴロ都市県英語版
 市 モロゴロ
地理
面積  
  市域 360 km2
人口
人口 (2012年現在)
  市域 305,840人
その他
等時帯 東アフリカ時間 (UTC+3)

モロゴロ(Morogoro)とは、タンザニア南東部のモロゴロ州の州都である。2002年に実施されたタンザニアによる国勢調査によると、郊外を含む都市圏全体の人口は20万6868人だった。

地理・交通[編集]

ウルグル山地を背景にしたモロゴロ中心市街地。

モロゴロはウルグル山地の麓に形成された都市である。モロゴロ州全体で見ると、モロゴロは州の北端部に位置する。交通の要衝であり、インド洋岸のダルエスサラームから西へ伸びる 鉄道路線の中央線英語版が通っており、モロゴロから西へ向かうと、キロサ英語版を経由して、タンザニアの首都のドドマなどへ行ける。なお、モロゴロ駅は中央線における主要駅の1つに数えられている[1]

事件・事故[編集]

現地時間である東アフリカ時間の2019年8月10日の朝に、横転した燃料輸送中のタンクローリーが爆発した[2]。警察による公式発表によれば、75人が死亡し、少なくとも55人が負傷した[2]。これ程までに死者数が増えた理由の1つは、横転したタンクローリーから漏出した燃料を窃盗していた者が、爆発に巻き込まれたためであった。なお、この手の事故としては、2019年8月12日の時点で、タンザニア史上、最悪の被害であった[3]

出典[編集]

  1. ^ Railways Network”. Tanzania Railways Limited. 2016年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月7日閲覧。
  2. ^ a b Death toll climbs to 75 in Tanzania fuel tanker blast”. citizen.co.za (2019年8月12日). 2019年8月12日閲覧。
  3. ^ Death toll from Tanzania's fuel tanker explosion rises to 75: officia (html)” (2019年8月12日). 2019年8月12日閲覧。

関連項目[編集]